To Realize My Dream with 住友林業

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ピアノの主

今週の月曜日から、私は3回目の教育実習に行っております。
今回は養護学校。家から近いのでまだましなのですが、疲れた~。
あと一週間、がんばります!

さて我が家の家づくり、資金計画、外観、間取り、何一つ決まっておりません。
あとマンションも売らないといけないし・・・。

弟邸が来年3月引き渡し予定で今日地鎮祭がありました。
弟邸は母との2世帯住宅。
「白亜の御殿」と私が名付けたのですが、丘陵地のてっぺんに、市街を展望できる眺望で建築されます。

自分の家より、そっちのほうが楽しみです。
なんでやろ?たぶん、図面でイメージができているので、それが形になるのがたのしみなんでしょうね。

それに引き換え、まだ影も形もない我が家・・・。

話は変わりますが、我が家のピアノ練習室問題は設計さんとのコミュニケーション不足で、結構適当に扱われています。
まあ、ちょっと気分転換に、そのピアノの主をご覧ください。
こちらです。


コンクール





これは6月に行われた、あるピアノコンクールの全国大会で金賞を受賞した時の演奏写真。
すんごいホールで、すんごいピアノを弾ける娘がうらやましい・・・。
まあ、金賞とったのは努力したからなので、それはえらい!!

我が家の間取りの条件は次の通り。

1 南玄関、E・C必要、玄関はある程度の広さが必要

2 真壁和室 客間として利用 広縁をあきらめるから8畳で
  独立して使いたいが、リビングからも行けるように。

3 LDKは25畳は欲しい。ダイニングとキッチンは一列に並ぶように

4 リビング階段またはダイニング階段

5 LDKはハイ仕様で

6 トイレは広めに

7 洗面と脱衣は別に

8 洗面台は160センチ以上のものが入れたい

9 洗濯は1階で済ませたい。普段着が入れられる収納をつけてほしい。

10 ピアノはインテリアじゃないレッスン室を作りたい

12 2階のこども部屋1室にグランドピアノの補強をしてほしい

13 蓄熱式暖房を入れる

今いっているのはこんな感じ

まあ、ほんとうはパントリーとか言いたいんやけど、ピアノ室が優先されるので、今の家の広さから行くとあきらめないといけない。

現在私は学生ですが、確実に来年4月からは講師として学校で働きます。
つまり、5年ぶりに働くママに返り咲きます。
ということは家事導線を効率良くすることも考えないといけません。
あと、私の書庫も必要。蔵書がどんどん増えています。

本当は私の書斎がほしい・・。1階に。
でもそんなこと言ってたら、1階がどんどん大きくなるので、2階のこども部屋の1室は私の部屋にします。

細かいことはいろいろあるのですが、とにかく、大きなことから片づけていこう!

ところで、みなさんは家事導線ではどういう工夫をされましたか?
あと、パントリーをつけた方、またつけなかったという方、それぞれ考えをお聞かせください。
あったら何入れるんやろう???

お願い!ぽちっと押してください。
    ↓


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村


PageTop

独り立ちできる?

昨日は、夢追い家の一人娘のおばかネタをお届けいたしました。
なにかと今後も娘ネタがありそうなので、娘の愛称を考えていました。

娘には、幼いころに数々の愛称をつけてきた経緯がございます。
ちょうど歩き出したころ、大きなスーパーなどで子どもの連れ去り事件が頻発していて、
その際、「○○ちゃん、お母さんがよんでいるから一緒にいこうか」
と本人の名前を言って、連れ去るということがあったときき、我が家では、スーパーなどの公共の場で、
娘の本名は呼んではいけない!となったのであります。

本名を悟られず、それでいて、本人にとって違和感のない愛称。
気がつけば、6つはあったのではないでしょうか。
本人もそのうちのいくつかを、友達とのプロフィール交換(小学生は今時、こんな遊びをする・・・)の際、
ニックネームとして書いているところを目撃したことがある・・。

まあ、実際にそう呼ばれているとは聞いたことがありませんが・・・・。

と前置きが長くなりましたが、ようは本日より娘のことをなんて呼ぼうか(ブログ内で)決めようと!

というわけです。

それでは発表します。






「ごん吉」
とさせていただきます。


え??なんでそんな名前なんって??

私の住む地方では、言うこと聞かない子のことを「ごんたをはる」とか「ごんたをいう」
と言います。
あまりに言うことを聞かないので、ある日、

「こら!ごん吉、いい加減にしなさい!!」

と怒ったのが由来です。


あ、しょうもなかった??


ははは~。


さて、そのごん吉。
こんなに可愛かったのはもう8年以上前。
ごん吉は現在ピアノを頑張っています。
先日の学校の宿題で「いまがんばっていること」を書いてくるのがあって、

「ピアノを頑張っています・・・・。
 おかあさんに『そんなんやったら先生に怒られるで』、と怒られないように、がんばっています。」
(あ、あまりのしょうもない文章は置いといて・・・・)

と書いていました。

そこで今回の家づくりで間取りを決めるのに悩みの一つである、ピアノ練習室。
一応、全国大会優勝しちゃったもんだから、今後のために、いい練習場所を考えてやろうかと思ったのです。

でもね~、1階の間取りはカオスなんですよ~。

それで、最近の練習の様子を思い返してみたんです。

・母がそばにいると、何かと頼って、自分で考えようとしない。
・母がいなくても、それなりやっているのが最近うかがえる


ということで、思い切って、アップライトも2階にもっていっちゃおうかなあ

今一度間取りを。

寅太郎プラン3間取り1階

なんかね~、LDKの中心に塊のような練習室が出現したんです。

それに、和室前の2畳ぐらいのスペース、なんだか無駄な空間に見えてきて・・・。


それで、2階の未来のピアノ部屋(グランドを買うとしたら)か子ども部屋に持って行こうかなあと思っています。
2階はこちら
10月1日2階
まあ、、1階のとの兼ね合いまたは外観との兼ね合いで、2階も確定ではないのですが、北東(写真右上)の部屋にグランドピアノの補強をする予定。まあ、買うかどうかも疑問なのですが、いざ、買う時に置けないという理由は避けたいと思っています。

ちなみに、補強だけで8万ぐらいだった気がします・・・・。

高いね~。

ちなみに、我が家は一人っ子政策というわけではないのですが、気がつけば一人っ子。
たとえ、もう一人マル高(高齢出産をこういいます)を恐れず生んだとしても、えらい年齢が開くんです。

なので、子ども部屋は一応2つですが、もう一つの部屋は私が使う予定。
書斎をあきらめて、私の部屋にしようと思っていました。

1階のピアノ練習室をあきらめて、2階で練習してもらおうかなあ、と考え始めました。

ん~、でも、なんせ鍵を割り箸で開けようとした子やしなあ。

いや、一人で電車に乗って、レッスンにも通えるようになったし、自立のチャンスや!

どうしよう・・・。にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

←ごん吉がんばれ!とぽちっとしていただけると嬉しいデス。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村









PageTop

こんせぷと

おはようございます。


秋やね~。

我が家からの眺望、空が秋を物語っています。空

秋。
今年は夏が異常に暑かったので、秋が来てほっとした、なんて人、多いですよね。

秋ってやっぱり・・・・。






って、別に秋につて語りたいわけではございません。

秋。

朝夕、涼しくなる。

日暮れがはやまる。

紅葉・・・気温が下がって、









秋って、もうすぐさむ~い冬が来るってことですよね~!!!


当たり前やん。

なにが言いたいの・・・。

あ、つ、冷たい・・・・・。



相変わらず、前置き長いのですが、今日はタイトル通り、我が家の家づくりコンセプトについて。



なんか、「こだわりの家」さんも~、このコンセプトについて考えてたし~、
ななさんちやはにぃさんち、らぴまっくさんち(あ~みなさん、お世話になっています、、ペコ)
を見させてもらっていると、みなさん、キチンとした思い(一本筋)があるんだなあと感じたんです。


で、夢追い邸のこんせぷと(あえてひらがな)とやらをまとめてみようかなあと思いました。



我が家は初め、一条工務店で建築する気、満々でした。
もちろん、お友達が営業している、という理由もあったのですが、
一番の理由は、


全館床暖房

今聞いても、やっぱり素敵な響き。

つまり、家づくりの第一条件は、

寒くない家


決して、温かい家ではございません。

寒くない家でございます。

私は1年のうち、冬が大の苦手。
寒さと日照時間が減ることで、うつっぽくなってしまいます。

どう言うことかと言いますと、

冬はまったく動きません!
いや、動けません!!
外出はもちろん、家事も嫌になり、
髪も切らない
おしゃれもいやになる
いらいらするけど
こもってしまう
人としゃべらないからストレスたまる・・・



ようは、寒いとダメダメ人間になるんです!


もうね~、ほんとひどいんです。

それで、「夢の家」(by一条)が私の理想の家だ!と思ったんです。





でもね、でも~、高気密、高断熱に特化した家って、私の体には向いていなかったんです。

なんせ、実家は土壁で断熱材も入っていないし、冬は外のほうがまだ気温が高いっていうような家だったので、
窓なんて開けなくても、隙間風がぴゅ~ってなもんで。

そんな日本の四季を満喫しながら(ん~うまいこという~)育った私にとて、

夢の家は、息苦しかった・・・・


そうやなあ、何回モデルハウスに行ったかなあ。
たぶん、8回以上は行ったかなあ。
2月、3月の寒いときに行ったので、入るといつもポッカポカなことにルンルン。

でも、打ち合わせが終わって一歩外に出ると、

「は~、ふ~」

大きなため息、いや、深呼吸をしていたんです。

あ、三井ホームの家でもおんなじことになった。
息苦しくて、あわてて退散したほど。




あと、外観にも問題があった。
なんとかしようとるればするほど、なんだかもっさりとした(重厚というのかも)家になったので、

「なんか違う!!」

となったのです。




外観はシンプルに、でも、きちんと「らしさ」がある家に。

つまり、あんまり主張しすぎるのはダメ。
あきが来ない
でも、「あの家ね」となってほしい・・・


となんとも抽象的なイメージなんです。


うちの旦那さんは車が好き。
彼の車選びのの基準はフォルム。

デザイン。

若いころは、スペックにこだわったりもした様子。


でも、今はドイツ車好き・・・。


「国産社のあざとさがわしはきらいや。唯一マ○ダがいいと思ってたけど、売り方が下手!
 ハッピ着てる人らから車買えるか!だからいつまでも2流やねん・・・」


と。(でも、2台もロードスター乗っていたんですよ)


つまり、イメージも大切ってこと。

これが、なかなか住林設計T先生には伝わらない。


でも、営業Iさんには伝わった。


だから、Iさんと家を建てたいって思ったんです!!

Iさん、打ち合わせに参加してもらいたいなあ・・・。


家づくりこんせぷと第2条件


デザイン的に「ドイツ車」をもとめます。(あ~、わかんね~)


こんなんとか、
BMW_convert_20101016103213.jpg


こんなんとか
pasatoconvert_20101016103439.jpg


どんな家やねん!!




と思ったかた、正しいと思います。
でも、でも、夫の中にはあるんです!
それを引き出してほしいそうなんです!


ようわからん、

だから、



我が家は


こんせぷと。

PageTop

おはようございます。

なんか今日はどんより雲が覆っています。

昨日はまだ天気が良かったので、図書館に出かけてきました。

「1990年代からいままで20年間の現代用語の基礎知識を出してください」

と司書さんにおねがいして、机いっぱい積み上げて、埋もれながら半日過ごしてきました。



ん~、卒論、うまく書けるかなあ。
調べたことが、予想と外れたんだよなあ・・・。


図書館って、おじさまが多いことにびっくりしました。
リタイアされた方々なのでしょう。
私がカリカリと作業をしていると、

「グ~ガ~ゴ~・・・・ガガガ!!!」


と響いてきます。

なんや?なんや?


見まわしてみると、おじさまが寝てる!!!
寝るのはいいけど、静かに寝てもらいたい・・・
ていうか、まだお昼前ですよ。


でも周りを良く見てみると、一人や二人ではありません。
何人もの方が眠っています。
なんでかなあ、家で寝たら奥さんに怒られるからかなあ・・・


もう気になって集中できませんでした。





さて、今日は我が家の家づくりの夢。
この前はコンセプトだったのですが、今回は「夢」。
夢見るのはもちろんタダ!
できるできないなんてどうでもいい!!

我が家の夢のはじまりはじまり~。



夢追い家の家族構成は夫、妻、長女の3人。



夫の夢
手持ちのスピーカーをいい感じで鳴らしたい!

なんかね~、ヤマハのゴッツイスピーカーとBOSE、JBL各2個が現在のマンションではただ積まれています。
以前住んでいた賃貸ではまだ子どもが小さかったのもあって、オーディオ部屋がありました。
でもこのマンションに移ってきてから5年、BOSE以外がなることはありません。

私にはさっぱりわからないのですが、これらをなんとかいい感じにならしたいそうです。


思う存分洗車したい
旦那様の趣味は愛車を洗うこと。というより、愛車を美しく保ち、眺めるのが好き。
18歳からかれこれ6台ぐらい車を乗ってきたので、もう乗ることにはあまり興味はない様子。
ただただ眺めていたいらしい。
家とは別棟で、車庫が欲しいらしい。そこにこもって、ごそごそしたいらしい。
一人で・・・・。
だから、家とつながっている必要は全くないそうだ。


ごん吉の夢
犬が飼いたい
今は「マンションだから」という理由で犬を飼えなかった。
でも、兄弟をくれないなら犬が欲しい!とずっと言っています。
犬種はトイプードルかチワワらしい。


私はあんたの世話だけで手いっぱいだよ~。できればそく却下したいなあ・・・。
あ、あくまでも夢だったわ。

ロフトなど隠れ家のあるお家
いろんな展示場を周り、部屋にちょっとした仕掛け、工夫があるところに行くと、
「私こんなんがいい~」
とテンションをあげていました。

まあ子どもの頃、押し入れで遊ぶのが楽しかったから、わからなくもないなあ。

2段ベッド
一人なのに・・・と思うのですが、自分が上で、下に泊まりに来た友達に寝てもらうそう・・・

それじゃあ、ガールズトークできひんやん。

ラブリー系もいいけれどジャジーな雰囲気の部屋もすてがたい
ある展示場のへーベルハウスモデルルームで、
「この部屋はジャズが似あう部屋をコンセプトとしています」
という話を聞いて、「あんな風な部屋もいいなあ」と思っているらしい。
床がオイルチークで天井も同じ。

いや、そんな大人っぽい子ども部屋、どうなん?
そこに2段ベッドって!
母はメイプルにしようと思っているのに・・・

続きまして、

私の夢
1 キッチンはトーヨーキッチン ISORA


      トーヨーキッチン
(トーヨーキッチンHPより)

まるで家具のようなこのフォルム。写真のように和でも洋でもマッチするこのたたずまい。
ショールームに行ったときに、この黒があり、あまりのかっこよさに動けなくなりました。
でもこれを採用するなら食洗器をあきらめないといけない、と言われたような・・・。
こんなキッチンだったら、毎日きれいにしておこうって思うやろうなあ。

2 真壁和室
 鴨居、なげしを回した本格和室がほしい。広縁、または土間で続くように。(ななさん家みたいに)
 できれば書院をつけたり、太めの絞り丸田を床柱に入れたい。

3 造作洗面台
 180センチの大きな洗面台。ワイドミラーで。
 できれば天板が木じゃないほうがいいのだが・・・。

4 床材は1階はオイルチーク、2階は廊下がオイルチーク、各部屋はそれぞれに
 1階は無垢採用予定なのですが、2階はどうなることやら。

5 タイルを使う
 アクセントとして、室内にタイルを使いたい。はにぃさんちやななさんちにポイントとして使われています。
 


6 私の書斎兼なんでもしまえる部屋
 これはまちょりさん家みたいにしたいなあ。キッチン横にあるあのお部屋。


7 入れたい照明
  カボシ(トーヨーキッチン)ュとPHスノーボールというペンダントライトをつけたい
  いずれも先輩ブロガーさんちで採用されていて、憧れています。
カボシュカボシュ






スノーボールPHスノーボール

うわ~、かっこいい~
かわいい~

絶対働いたら入れてやる!!!


このほか、夢ではなく、絶対条件として蓄熱式暖房器!採用

住林ブロガーさんたちのあいだではどうやら「ユニデール」を採用されている方が多い様子。
わが家がすすめられているいるのは、
その名も、

暖吉くん 
北海道の会社のものらしい。




なにがどう違うのか、よくわからないのですが、うちの営業さんにはこれをすすめられています。

まあ夢はこんなところでしょうか。

さて、このうちいくつ採用されるのでしょうか?


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村





PageTop

Iさま~

突然舞い込んだ、夢追い家の土地問題。

今日は朝から住友林業と打ち合わせの日。

どうしよう・・と思いつつ、母に確認。

「お母さん、打ち合わせは行ってきていいんやなあ。」


「あ~、どうせあの話(コンサルからの話)はこっちの条件をすべて満たしてないとのめないから、
 
 とりあえず行ってきていいよ。」



とりあえず???



というのも、弟ひろしがその話には反対している様子。
私は立場的に微妙なので、あえて賛否を明らかにしていないのですが、
ひろしからすると、あまりおいしい話ではないという判断なのだそうだ。

我が家の後継ぎは、実際にはまだ決定していません。
世間一般的にいけば、長男のひろしが後継ぎなのですが、母は女でも構わない、と考えているらしい。
そうなると私は旧姓に戻ることになる。
その判断は、今後母が下すこととなる。



さて我が家はとりあえず住友林業ショールームへ。

いつものように、契約したのとはちがう、お隣の支店に向かいました。


「今日こそIさんに会いたいなあ。」


行きの車の中で、旦那さまとI所長談議に花を咲かせていました。


「もうかれこれ2か月以上顔もみてへんなあ。忙しいんやなあ。

 たぶん、部下のしりぬぐいで大変なんやで。あとイベントと。

 過労で倒れるぐらい働いてるんやしなあ。

 Iさんと家づくりしたかったのになあ」



と、我が家が契約した時の営業担当で、今から行く支店の現所長のIさんへの思いを夫婦で語り合っていました。

「今日もカフスしてるかなあ。顔ぐらいみせてほしいなあ。」


いつもは遅刻気味の夢追い家。
今日は約束より15分も早く到着。
今日は現営業担当Kさんは別のお客さんとの打ち合わせなので、初めは同席しないことはわかっていました。

設計T先生が待っていてくれました。

「おはようございます~。遅れてばっかりで申し訳ないです~」

「今日は予定より早いですよ。今日はKが別のお客さんとの打ち合わせがあるので、行ったり来たりします」

「知ってるよ~。また契約取れそうなんやなあ。月末やし。

 さすがやなあ。まあ、今日のところは許しといたろう(笑)」


Kさんは先月も月末はかなりの件数の打ち合わせを抱えていました。

できる男のようです。


「今日は資金計画について、もう少し詳しくお話ししていきますね」

「今日な、うちも見積もりもらってくるはずやってんけど、行き違いで今日の夕方にできるってことになって、

 持ってこれへんかってん。とりあえず、住林の見積もり見せてもらうわ」


資金計書を前にT先生が説明してくれます。

我が家にとってのネックは、解体、整地の代金と外構費。

いつもその項目は、黄色く塗られています。


「外構は、前回とは別プランで見積もりを出させてもらいました。

 解体はこちらです。

 屋外給排水はこちらで、

 あと分筆費用はこちらです。


 それから、この前地盤調査をさせてもらいました。

 その結果から、地盤補強について説明させてもらいます。」



うわ~、そうやった!

地盤補強や!

以前、一条工務店では地盤補強に120万必要と言われていました。

住友林業には、建築予定地の地盤調査はしてもっらっていなかったので、

一条工務店の調査結果を渡してありました。

改めて調査をした結果、


地盤補強、


10万円でいけます」


「よかった~、もうどうしようかと思っててん。」



一条と住友林業では、地盤補強を必要とする規準数値が違うらしい。

一条や積水は地盤補強にお金をかけるらしい。

たしかに、弟ひろし邸は積水に、400万の地盤補強費を計上されていた。


住友林業の見積もり総額は、夢追い家の予定金額に限りなく近づいてきた。

黄色く塗られている項目とにらめっこしながら、どうにかならないかと考えていた。



「こんにちは~」

パッと顔をあげると、なんとそこに、

Iさんが立っていました。

「あ~、Iさんこんにちは~。
 
あいたかったんです~

電話しようと思ってたぐらいで~。相談に乗ってもらおうと思って~」


「ごぶさたしてます~」


お~、Iさんや!今日もかっこいいで!

私はもちろん、今までテンションの低かった旦那様までテンションが上がった様子。

なんか、シャキっと背筋が伸びているように見えた。


「Iさん、あと100万、なんとかならへんかなあ。」

「え!100万って結構な金額ですけど」

「ほんまやね~、ごっつい金額見てたら、なんか感覚おかしくなってくるなあ」


私たちのブースにやってきたIさん。

おそらく、ただ顔を出して、他のお客さんのところに行こうとしていた様子。

「Iさんがいいひんかったら、話すすまへんわ~」


私たちのブースの横を横切るお客さんに会釈をしつつ、す~っとどこかに消えてしまわれました。

「うわ~、I所長、1年ぶりに会ったわ。

 すっかり、こっちの顔になってましたわ~」

と設計T先生。


「なんか大変そうやもんなあ。うちも2カ月ぶりやし」

と話していると、Iさんが戻ってきてくれました。

今度は打ち合わせ用の筆記用具一式をもってきて、席に座ってくださいました。

らっき~


「ご主人、コーヒーいかがですか?奥さま、アイスとホットどちらになさいますか?

 Tくん、どっちにする?」

あらら、所長自らお茶のオーダー取ってくださるなんて!

所長はオーダーを伝えにまた退席。

「なんか、久しぶりに一緒に仕事するから、変な感じやわ~」

とT先生。

「所長にコーヒー頼むのも微妙やなあ」

と私。


所長が戻ってこられて、机に置いてあったプランに目がいき、

所長「これ?えらい雰囲気変わったなあ~」

私 「ちがいますよ~、それね、T先生が私らの要望聞いて、やけくそでださはったやつ」

T先生「ちがいますよ!!別のプランもご提案させてもらおうと思って考えたんですよ!!!」

私 「ごめんごめん、そうやった。」

T先生「ほんまはこっちです」



切り妻屋根の外観を見て驚いた所長。

所長には我が家のコンセプトをいやというほど語ったことがありました。

ドイツ車好きの旦那様。

なんせ、所長もメルセデスに乗っておられるので、

「ドイツ車のような」という部分では共感してもらえたのです。

今までの外観の変遷を見せながら、寄せ棟の3つ目のプランを見て、



所長 「これはまた、やりすぎですね~」

旦那様「そうなんですよ~。私らの言うたこと全部入れたらこんなことになってしまって~」

私  「Iさん、どうしたらいいと思います?それで電話しようと思ってたんですよ」

真剣にパース図を見比べているIさん。

所長「ん~、やっぱり格子いれましょ~。そしてここにもっと木を使って・・・」

私 「なるほど~、そうしましょう」

所長「太陽光どうされますか?瓦一体型のほうがすっきりしていいですよ~。」

私 「事業仕分けにあったんです。でもなんとかしたいんですけどね」

夫 「それからね、ユニデールにして、オイルチーク入れよう思うんです。

   でもオール電化にしたらIHになるのがいややって、言うんですよ」


コンロをガスにしたい私にとって、ユニデールは深夜電力で稼働させるほうがいいというT先生の説明を受けて、

オール電化、つまり、IHでの日々の料理にすごく抵抗を感じています。

どうしても火がいいんです。

でも寒いのはかなりいや。

床暖房は足元が暖かいだけで、部屋全体が暖まらないのは友人宅でも経験済み。

なので、ユニデールで部屋中、家中暖めることにとても魅力を感じています。



私 「やっぱり火がいいんですよ。それより、この間取り、見てください。

   階段の向きがきになるんですよ。こんなところからあがるのっていみがないなあって。

   それから、このままやったら、トイレに行く時がやっぱり寒いんですよ」


その後、間取りの話にすり替えようとしたら、打ち合わせを終えた担当Kくんが参加


所長 「大将、もう終わった?今ね、ユニデールの話と階段の話してたんや・・・・」


と今日の話をまとめてくださった。

営業K「ユニデール、いいですよ。僕は暖吉君おすすめですけど。」


そこから30分、ユニデールの良さ、IHの良さを男ども4人が私を説得するかのように入れ替わり力説します。

私 「わかった、とにかく、関電のIH体験行ってくるわ。それから、展示場でもう一回無垢と床暖対応の無垢
    
   を比べてくる。だから今日は保留」


Iさんとの打ち合わせは、久しぶりでとっても楽しかった私たち。

所長「でもやっとここまできましたね~。」

と感慨深げなIさん。


私 「長いですよね~、お付き合い。」

今日はIさんに多くの提案をされて、正直、100万円ぐらいのオプション増になりそうです。

でも、なんだかいい家になりそうなので、それでもいいかなあとおもえるから不思議。

Iさんにはすごい説得力があります。

信頼感があります。

この感じ、とっても久しぶりで、たとえ100万高くなってもいい家になりそうで、
とても満足感を感じながら帰ってきました。


営業Kさんもできる人なのですが、私たちにとってはIさんとの呼吸が合うようです。

迷った時に、「こちらのほうがいいです」

と私たちに道を示してくださったり、

「長い目で考えたら、こちらのほうが絶対お得です」

って言われると、「そうやなあ」と思ってしまいます。


資金計画からいくと、まだまだ考えることがたくさんある夢追い家の家づくり。

それでも今日はIさんに会えて、なんだかとっても満足でした。


今日の打ち合わせ

・外構は住友緑化でやる方向で

・ALSOKの見積もり

・軒の出900に変更

・ピアノは2階へ

・階段の位置変更

・真壁和室へ

・オール電化かガス併用か考えておく

・ローンMCJに仮審査



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村









 










PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。