To Realize My Dream with 住友林業

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

あわや大惨事!ゆるさん!!絶対に!!!

昨日、いや、正確にはきょう未明、

我が家は、家どころの騒ぎでは無くなるところでした。

今回はあまりに許せないので、あえて企業名を公表します。

本当に、許せません!!









昨日の夜、夕飯はホワイトシチューにしよう!

とはりきって、ジャガイモ、人参などを調理し始めました。

さ~、煮込もう、と思ったら、


牛乳な~い!!


やっちまった・・・・。


歩いてコンビニまで買いに行くのは寒いし・・・
牛乳なかったらホワイトシチューにならないし・・・


しかたがない、旦那様にメールして買ってきてもらおうっと。


ということで、メールをして、待つことにしました。


旦那様は、営業マン。

昨日は年始だったので、営業所に戻って、その後の帰宅。


遅くなるのを覚悟して、
ホワイトシチューを、じゃなくて、旦那さまを待つことに。

遅くとも、10時には帰ってくるかなあと思っていたのですが、
帰ってきません。


ゴンキチーヌもお腹がすいたというので、
他のもので適当にご飯を炊いて、食べてしまいました。

12時前になって、やっと電話がかかってきました。
旦那さまからです。






「もしもし、もう○○橋(近くの橋の名前)まで帰ってきてるんやけどな(笑)」



なんじゃ??またなんかあったなあ・・・。



うちの旦那様は、大変なことになると、へらへらと笑いながら電話してくるのです。

なので、いつも電話では大変なことが伝わってこず、家に帰ってゆっくり聞くと、

「え~、なんでそんなすごいことを笑って話すかなあ」

と、血の気が引く思いをするのです。



私 「どうしたん??」

旦那「あんな、(へらへら)車の調子がおかしいなと思いながらゆっくり帰ってきてたんやけど、(へらへら)

   ちょうど大学のところまで来たときに、減速したら、車のケツがふらふらするんや。

   ほんで、坂の途中の赤信号で止まったらな、(へらへら)


   突然、車の左後ろがな、(笑)(へらへら)


   ガタン!!

   と尻もちついたんや(笑)(へらへら)」

私 「はあ??なんで??」






旦那 「車輪がはずれたんや」






私 「え~!!!!後ろに車いいひん(いない)かったん??」 

旦那「い~ひんかった。いまJAF読んだし、遅くなるから心配せんといてな(へらへら)」


結局、それから約1時間ほどで帰ってきました。



旦那 「いや~、わしってほんまに悪運強いわ」


うちの旦那様は、17歳のときに、医者に見放されるほどの大けがを負いながら、

再起。

それも、たまたま来ていた医者のおかげで、死を回避した人。

この時、実は、身長185センチの息子のために、

お父さんは、特注の棺桶を発注していたそうです。


それ以来、いくつか、命にかかわるような事態や、

大けがを負っていてもおかしくない事態に会いながらも、

擦り傷だけ、または、何事もなく帰ってくるということがあったのです。


結婚以来、私もこれで4回目。(多い・・・)


私 「もう~、家建てるとか言うてる場合じゃなくなるところやん!!」

  「その車、この前、スタットレスに履き変えたところやん。

   どうなってたん??」


旦那が外れたタイヤの写メを撮っていました。

見ると、シャフトが折れて、2本、どこかに飛んでいっていました。


旦那「これってな、増し締めのし忘れが原因やってJAFが言うてたわ」

私 「は??忘れたですまされる問題と違う!!どこの業者や!!」

旦那「日産や」


私 「許さん!!ゴーン!!」


問題の車は営業車で、会社がリースで借りているもの。

うちの旦那様は主に車屋さんを相手に商売しているので、

車に対しての知識はプロなみにあります。

なので、整備に関しても、それなりに気を使って、

頻繁にディーラーに持ち込んでやってもらっていました。

雪深い地域で営業をしているので、スタッドレスに履き換えるのに、

わざわざ自分のお客さんではなく、日産のディーラーに持ち込んでやってもらっています。

なぜだかわかりますか??



信頼していたから、安心感があるからですよ!!


お客さんに頼めば、タダでやってもらえます。付き合いもあるので。

でも、わざわざ自腹を切って、ディーラーでやってもらっているのです。


今回、本当に偶然が重なって、何の怪我も事故も起こりませんでした。

偶然とは、


1 車の異変に気づいていたので、ゆっくりと走っていた

2 赤信号で止まったところが、坂道だった

3 外れたタイヤが左側で、外れたタイヤはガードレールにあたって飛んで行かなかった

4 走っている時間が遅かったので、人、他の車がいなかった

5 牛乳を買うために、いつもとは違う道を走っていた

6 高速道路ではなく、下道だった


うちの旦那様は、毎日、高速を使って行き来しています。

もしも、これが、高速道路で起きていたらどうなっていたでしょう。


もっといえば、もしも歩行者がいたらどうなっていたか。

バイクや原付がいたらどうなっていたか。


後続車がいたらどうなっていたか





たしかに、今回のことはあるディーラーの一人の整備士のミスです。

しかし、会社の看板を背負っている以上、

一人のミス、で済まされる問題ではありません。

うちの旦那様だけでなく、ディーラーへの安心感を感じている人はたくさんいらっしゃるはずです。

その安心感はどこから来るのでしょう?

大手企業だからです!!


車の整備、命を預かっているという認識はあったのでしょうか??

どのようなマニュアルで運営されていたのでしょうか?


皆さんもご記憶にあるとは思いますが、

タイヤが外れて、たまたま歩いていた親子にそのタイヤがあたり、亡くなったという

痛ましい事故がありました。



うちの旦那様も誰かの命を奪っていたかもしれません。

もしくは、自分自身も命を失っていたかもしれません。



許せない。

ディーラーの対応についてはまた後日報告します。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村



















スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ありましたね…

タイヤなんか超スピードで飛んできたら人間ひとたまりもないんだなあと
私もニュースで知った1人です。

それも怖いですが、横断歩道で信号待ちしてるとこに
車が突っ込んでくるとか、プラットホームで押されて落ちるとか…


外の世界が怖くて怖くて。


しかし、自分の車のタイヤが外れるなんてダンナ様、夢にも思いませんもんね…
気をつけようがない。

我が家もスタッドレスに近々しようかと思いますが
なんか怖くなってきました…

普通に命があることが奇跡な事故でしたね…

かずまろ | URL | 2011/01/08 (Sat) 21:35 [編集]


かずまろさん

ほんとに、おそろしいかぎりです。
子どもを持つと、いろいろなことが怖くなりますよね。

かずまろさんところも、ご主人が拉致されたのではという恐怖を味わったと思いますが、
うちの場合、あとで聞いて、背筋が凍るようなことばかりで・・・。

やっぱり厄年や。
厄除けに行かねば!!

NOKA | URL | 2011/01/09 (Sun) 00:39 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/01/09 (Sun) 01:39 [編集]


No title

ほんと、大事に至らなくてよかったです。

車は便利な反面、絶大なる凶器と化します。

ちょっとしたことがきっかけで重大な事故を引き起こしたニュースが何度となく聞きました。

とにかく、旦那さん無事で何よりで、周りの通行人にも何事もなくよかったですね!

あとは、メーカー側がどう対応するかです。

いもいも | URL | 2011/01/09 (Sun) 08:13 [編集]


いもいもさん

コメント、ありがとうございます。

ほんとに、無事でよかったです。考えただけで身震いします。

生きてるだけでまるもうけ、ほんまやなあってつくづく思いました。

まして、家を持てるなんて、世界レベルてみれば、相当の幸せものです。

NOKA | URL | 2011/01/09 (Sun) 21:56 [編集]


こんばんは。

旦那様がご無事で何よりでした。

しかしひどいディーラー(担当者)ですね。

日産車に乗ってる身としては聞き捨てならない話です。

我が家の担当ディーラーは大丈夫かな?

まあくん | URL | 2011/01/09 (Sun) 21:57 [編集]


まあくんさん

日産ユーザーですか。

整備の責任者が、泣いて謝ったそうです。でも、泣いて謝るとか、土下座するとか、そういう問題じゃないんです。

今後、そんなミスがないように、どういう体制を作るかを考えよ、ってことですよ。

NOKA | URL | 2011/01/10 (Mon) 01:33 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。