To Realize My Dream with 住友林業

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

みなさま、ありがとうございました

限定記事などと、人の興味を引くような方法で自分の問題を語ってしまったのに、
読んでいただいた方、皆さんが、とても大人な対応していただけたことにとても感謝しています。

なかなか理解してもらえないので、友人でも、このようなことが話せるのは1人しかいないもので、
ついつい溜めてしまうんです。

みなさんにお気づかいいただいたこと、本当に感謝しています。
ありがとうございました。
問題解決はない気がするので、成り行きにまかせるか、そのつど考えるしかないかなあと思っています。


さて、本日の内容はお家ネタではありません。
興味のない方は、こちらから退出してください。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村





少し前に、明石家さんまの番組「ほんまでっか」で尾木ママこと尾木直樹先生がこどものいじめについて語っていました。

「秋になるといじめが深刻になる」

運動会や文化祭などでリーダーだった子がいじめられる・・・というようなないようだったかなあ。



ゴンキチーヌは2年生でいじめられました。
転校生だったから。
当時の担任は見るからに頼りない人だったので、これは私が解決させると決めて、
いじめている張本人に直接言いに行きました。

同じ班の子、全員からのいじめだったので
「あんたたち、自分がやっていることをよく考えてみなさい。

 もしも今日、またおんなじことをしたら、明日の昼からおばちゃんは毎日学校に来ます。

 ずっとあなたたちのことを見ときます。

 今日からどうしなあかんのか、自分たちで考えなさい。」


と言いに行きました。


さすがにまだ2年生なので、
「ゴンキチーヌのお母さんは怖いから、もういじめたらあかん」

とその子たちがクラス全員に言いふらしてくれたおかげで、いじめは収まりました。

ゴンキチーヌにも、「もう許してあげなさい。そして、一緒にあそぼってさそってお家で遊び」

といじめの首謀者と仲良くなりました。



この経験から、ゴンキチーヌはクラスのいじめに敏感です。

「あーいえばこういう」がさらにグレードアップしたゴンキチーヌ。

私は「親にだけ言うんじゃなくて、学校でもその口で、だれかの役に立っておいで」

と言っています。

クラスでゴンキチーヌに勝てる子は誰もいないほどの口達者。

私は将来、法曹関係か、政治家に向いているのではと思うほど、よく口と頭がまわります。


ゴンキチーヌのお友達に「みのりちゃん」と言う子がいます。

授業参観のときにも「この子めだつなあ」と思っていた子。

すこしぽっちゃりで、自分の考えをパシッというのですが、独特のペースがある子。


最近の子たちは周囲の反応を気にして、思ったことははっきり言わない傾向があるので、
みのりちゃんはどうしても浮いて見えます。

ゴンキチーヌははっきり言うけれど、空気を読む現代子。

意見を言うときは1番には絶対にいいません。


ゴンキチーヌははっきりと意見を言ったり、たくさん本を読んでお話をしてくれるみのりちゃんが大好きです。


でも、みのりちゃんはいじめられています。

かなりの大規模校なのですが、みのりちゃんは高学年の子からもからかわれたり、叩かれたりしている子で、
見た感じだけで、いじめらる対象になる子です。


みのりちゃんはクラスの中で、先月ぐらいから相当激しくいじめられているようで、ゴンキチーヌが私に
相談してきました。


「お母さん、みのりな、何にもしてへんのに男子に殴られたり、けられたり、ほっぺたパンチされたり、6年の人に

 もデブ!とか言われてな、かわいそうやねん。」


私はゴンキチーヌの話をじっくり聞いてやりました。


それはそれはひどいことをされていて、みのりちゃんは一人で耐えている様子がよく伝わってきました。


「それで、あんたは何をしてあげたん?」


「やめときっていうたり、なぐさめたりした」


「それで、みのりちゃんのいじめ、なくなりそうか?」

「無理やと思う」

「なんで一緒に戦ってやらへんの?」


いじめてくる子は、複数です、
1対1なら、それはけんかです。
1対複数だからいじめです。

だから、ケンカしてこいと言いました。
みのりちゃんと仲良しなんだったら、一緒に戦ってこい、もちろん口で。
手をだすことがどんなに卑怯なことか、口で云い負かしてこい!!


我ながら乱暴な子育てだと思います。

でも、私はいじめを静観するような卑怯な人間には育ってほしくなかったんです。


自分もいじめられるのがこわいから、なんていう、
そんな弱っちい子はうちの子じゃないぐらいに思っています。


その代わり、自分の身の安全だけは必ず確保するように教えていました。
絶対1人ではけんかしない。
3人以上で意思の疎通を図っておく。
つまり、相手のやっていることが一方的にいけないことだと合意を得ておくこと。

難しいことを教えたのですが、正義感を持つことの大切さを教えたかったのです。
正義を貫くことって、実はとても大変なんだということを学んで欲しかったのです。


こんなことがあったようです、
「あ、みのりや、なんかむかつくし、殴ったろ」

給食の時間に、男の子が呟いてたそうです。
その後、食器を片づけるときに、後ろの席からわざわざ前で給食を食べているみのりちゃんの
横まで行って、肘で背中をこつきに行ったそうです。


担任の目を盗んでそういうことをするのです。


いじめられている、みのりちゃんの気持ちはよくわかります。
本当につらいと思います。

でも、何の理由もなく、そんなことをせずにはいられないような、その男の子がわが子だったら・・・・

私はぞっとします。

女の子の友達も、
「なんとなくわたし、みのり嫌い」
というそうです。

ゴンキチーヌは
「私は大好きやで」
と言うそうです。

なんとなくみのりがきらい。
うわ~、私、そんなこと言う子がうちの子やったら、わが子ならばぼこぼこです。
なんとなく人を排除する、ヒトラーかおまえは。


スポーツができても、頭が良くても、そんな人間に育っているとしたら、それって子育て失敗でしょ。
教育としても失敗でしょ。



私の周りにいるお母さんたちと話していると、わが子がいじめられたらどうしよう・・・
とばかり考えている人ばかりです。
みんな自信があるなあ。



もちろん、いじめられていると聞かされて、いい気持ちがする親は一人もいません。

私はそれよりも、人を傷つけることに鈍感で、自分がされることにばかり敏感な子は一番問題だと思います。
むしろ、そんな子がほとんどです。
親の影響でしょうね。
被害者意識を無意識に植え込むのでしょう。


私はこの大学生活のほとんどの期間、学生ボランティアとして学校現場に足を運んでいました。
はっきり言って、今の学校では教師が忙しすぎて、子どもの様子を見る余裕はありません。

いじめを発見して、小さいうちにつぶす作業は、本当に大変です。
手間と労力が必要です。
まず、いじめを認知することが不可能です。



今の子たちは、自分のことで精一杯で、他人の気持ちを思いやる余裕を完全に失っています。
いえ、その部分を育ててもらってきていません。
いじめている子たちは、いじめているという自覚はほとんどないようです。
ゲームと同じ感覚です。
本人のせいではないのかもしれません。

誰かがやっていて、面白そうだったから・・・ただそれだけ。



それは高学年でも、低学年でも、その構造は一緒です。
子どもたちの中にあるストレスがそうさせているのがよくわかります。


言葉が大切にされていないことも気になります。



スポーツも勉強も、両方できる子が増えてきています。
どちらか一方というより、どちらもです。

そういう子は、自分にゆとりがあるので、比較的穏やかです。

勉強ができないのなら、スポーツだけでも・・・、

このような考えでスポーツをさせられている子で、スポーツでも抜きんでられない子も多いように思います。
こういう子が殺伐としています。
心が疲弊しています。



目に見えることばかりで評価される時代なので仕方がないのかもしれません。

勉強かスポーツか、という2者択一になっているのも気になります。

将棋とか、あと、もっと他に子どもの遊びの文化がもりあがらへんかなあ。

マスコミが取り上げてくれたら、流れは変わるやろうに。




私は娘に、
「本当の強さはやさしさだと思う。だから、いじめているひとがいたら、その子は心が弱いんやと思い      
 なさい。頭がよくて、勉強できて、スポーツできる能力を持って生まれた人は、やりたくてもできない

 人のことを想像できる力をつけないといけない。

 あ~かな~、こんなんかな~って。」

うちの子、運動はあんまりなんですけど、勉強はまあまあです。

というより、勉強好きです。

能力の使い方として、自分のためだけに使うな、と教えようと思っています。

好きなことをするにしても、かならず、できない人がいるなあ、その人はどう思っているのかなあ

と考えて動いていたら、自己中心的な人間には育たないと思うのですが・・・。



私の友人は息子さんを私学の小学校に入れました。

理由は、地元の小学校の保護者付き合いに自信がないから。

違った考えの人たちとうまく向き合う自信がないとのこと。



それって、面倒くさいだけやん。
と、突っ込んだことがあります。

でも彼女は賢い人なので、

「そうやねん、本当はいろんな人がいることを小さいうちに知っとかないと後で本人は困るのはわかってるねん。

 だから失敗したなあと思ってて・・・。」


やっぱり、私学は楽なんですって。

同じ考えの人ばかりだから。


私、「のだめカンタービレ」が好きなんですけど、
その中で、のだめがちあき先輩に、


「本当の貧乏をしらないんです、先輩は」

というシーンがあるのですが、
お金持ちで育ったちあきにとっての「貧乏」は
「フランダースの犬」だったり「マッチ売りの少女」だったり、
あくまでもお話しの世界だけなんですよね。


いまの子たちは、頭では分かっているんだけど、どうしてもやってしまう、
ちあき先輩みたいな子だらけなんです。(読んだことない人、わからないですよね)

いまから教師になる私が言うのも何なんですが、
心の教育なんでうそくさくって、
道徳教育もうそくさくって、
ちゃんちゃらおかしい、って思ちゃうんです。



これが採用試験の面接に出たのか・・・
いやいや、それ以前の問題でしたね。
単に必要以上に緊張した、それだけ・・



話は脱線しまくったのですが、
ゴンキチーヌは実行したようです。

みのりちゃんとゴンキチーヌともう一人を誘って、
いじめている子たちに片っ端から、
「なんでいっつもみのりをいじめるの?」

と聞いて回り、
「次やったら、どうなるかわかってるやろな。校長先生に言いに行くからな。

 自分のやってることがカッコ悪いっていうこと、早く気付きや!」

と言って回ったそうです。


ほとんどの子が
「おれだけ違うし、みんなやってるし」

と言ったそうです。まあ、想定の範囲内だったそうです。ゴンキチーヌは。


私はゴンキチーヌに言ってあります。

「あんたがいじめられてるところ、見てた人いたやろ?

 その人、助けてくれたか?

 助けてくれへんかった人にあんた、どう思った?

 だから、あんたのクラスはいじめっこだらけや。

 知ってるけど止めへん子ばっかりやろ。」


子どもには考えさせないといけないと思います。
教えるよりも考えさせないといけない。
大人が介入しすぎるのはもってのほかです。


ゴンキチーヌは考えて、みのりちゃんのなにがそんなに嫌なのかも聞いてみたそうです。

「なんか見てるだけでむかつく」

「デブやし」


ゴンキチーヌは驚いて、何も言い返せなくなったそうです。
だって、理由が本当にないから。


「あんた、ようまわる口と頭があるから、どうすればみのりがまもれるか、先生がどうしたら本気になってくれる

 か、考えや。たぶん、先生はまだ大丈夫って思ってるで」


「わがった、ほんまにもっとひどくなったら、校長先生にお手紙書くわ」


と言っていました。


なるほど・・・、陳情するんですね、ボスに。

口頭でなく、文章で渡す・・・。


「書いたらお母さんに見せて。」て言おうかなあ。

コピー取っとかないとね~。

だって、学校って嘘つくからね。隠すし。


みのりちゃん、いじめられたらファイティングポーズ取るんです。

たぶん、それが面白いのもあると思う。

ゴンキチーヌに言っときました。

「明日はみのりちゃんと、嘘泣きの練習しなさい。

 やられたらやり返すんじゃなくて、心の中であっかんベーして、

 大きな声であ~ん!!と泣き。」


たぶんクラスの中でのいじめには効果があると思うんです。

でも、高学年の子には通用しないかなあ。


ゴンキチーヌ、お友達のために悩めるほどに成長したことがまず嬉しいわたし。

だから、実家のことでいつまでも気持ちをどんよりさせている場合ではないと

思ったのでした。



家ネタではないけれど、
ぽちっとしてください。

 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村











 









スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/11/18 (Thu) 14:48 [編集]


鍵コメントさん

コメント、ありがとうございます。
子どものケンカに親が出るな、とはいいますが、いじめにはでないとけません。
今回は私もみのりちゃんの様子からまだ大丈夫、子どものレベルでなんとかできるかも
と思ったのと、できることなら、先生に全体のこととして取り上げて指導してほしかったのです。

先生に丸投げするのではなく、子ども自身もこれだけなんとかしようと頑張っているんだから、
先生もなんとか一緒にして、といえば、教師も動かざるを得ないと思ったからです。

新任1年目の若い先生なのですが、指導力はある先生なのでかけてみました。
前の担任はベテランですが、全く響かない人だったので、即行動しました。


正しいこと、というより、「いじめはだめ」という筋を通すことを考えていけば、その時に考えつくと思います。

小学校6年生の自殺、ありましたね。

学校の対応がいまいち不可解で、親の言っていることと食い違っているのでわからないのですが、
私にすれば、小学生が自殺を考えるような時代になったことに焦りを感じます。

小学校のときなんて、帰ったら何しよう、とか明日は友達と何して遊ぼう、が優先だったので。

親は、いじめを見たときにどうするかも教えないといけないのかもしれません。
友達を失う恐れがある時代だから。
自分がいじめられたら、全力で親が守ることは伝えないといけないし、
友達がされていることを子どもが打ち明けたら、
それにも全力で応えてやらないといけないかもしれません。

子どもは大人のご都合主義をきらいますから。

いじめの首謀者に向かっていた友達思いの行動をやってきた思い出がある方なら、
きっといい子育てができると思います。

ほんとうの賢さは、数字では表せませんから。
賢い子に育ててあげてください。本当の意味で。

NOKA | URL | 2010/11/18 (Thu) 16:08 [編集]


No title

いじめ問題は結構根が深いですね。
みのりちゃんの親御さんがどのように思っておられるか、気になります。

NOKAさんはみのりちゃんのお母さんと連絡などはしてらっしゃらないのですか?
老婆心ながら少し気になりました。

通りすがり | URL | 2010/11/19 (Fri) 12:06 [編集]


通りすがりさん

気にしていただいて、ありがとうございます。

みのりちゃんのおかあさん、よく先生と話しておられるようなんです。
いろいろとご心配があるようで。
いじめ以外にも。


今度、PTC(学年行事)があるので、お話し聞いてみようと思っています。

すごく穏やかな、笑顔の素敵なお母さんなんですが、あまり話したことがなかったので。

NOKA | URL | 2010/11/19 (Fri) 12:59 [編集]


No title

「自信あるなぁ」に、激しく同意します(笑)
ワタシは、子どもを信用しないわけじゃないですけど、無意識にいじめる側にいることだってある、って思うのです。
いじめの首謀者になるような子は、実は親や先生にとって、とっても「いい子」である場合があるような気がします。勉強もできて、もしかしたら運動も出来て、お家の手伝いもちゃんとして。
期待されたことに一生懸命応えてる。
そんなに頑張って疲れちゃわないのかなぁ、とかワタシは思うのですが。
そういったストレスを誰か、弱い子に向けるんじゃないのかな。。。
いつも、自分の立場が肯定されていて、自分のやっていることに疑いを持つこともないのかも。
そういう子のお母さんは「うちの子は手がかからなくて」とか平気で言っちゃうんですよね。
裏で、ひどいことをしていても、「それは、そういうことをされるほうにも問題がある」という理屈で。そしてまた、「子どもの間のことだから」といじめている方の親が言っていたりするという理不尽さ。
自分の子どもを信頼するのは大事だけど、過信してはいけないと思います。

それにしても、ゴンキチーヌちゃん、まっすぐで強いなぁ(^^)

ひゆさは | URL | 2010/11/20 (Sat) 15:24 [編集]


ひゆさはさん

コメントありがとうございます。

「いい子」が無意識にいじめているパターン(以下「いい子パターン」)、確かにそれもあります。
しかし、圧倒的に多いのは、イマイチさえないポジションにいるのに(運動、勉強で)
親に頑張らされている子・・・。

「いい子」パターンより目につくのでかわいいもんなのですが、この子たちは「いい子」パターンの
子たちに利用されて、結局叱られるので、とても自己肯定感が低いのです。

本当は「いい子」パターンの子をなんとかしないといけないのですが、こいつらは頭がいいので、
なかなか尻尾を出しません。ちなみに、「いい子」パターンの子は自分から手を下すようなことは基本しません。またこの辺、記事にしますね。


ゴンキチーヌ、すべてにおいて、まっすぐでもないです。
いじめ問題に対しては、気持ちがわかるのかとても熱いです。
他の部分では、やはり現代っ子だなあとつくづく思います。

子育て、かわいいのは3歳まで、あとはその貯金をおろしなが耐える、ってほんとうだなあとつくづく思います。ひゆさは家も娘さんに試練を味あわせる洗濯をされましたしね。
子育ては永遠に楽ではないはずですよね。

NOKA | URL | 2010/11/20 (Sat) 16:14 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。