To Realize My Dream with 住友林業

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

交渉

 台風の影響はなかったのですが、なんだか雨降りな週末はしんどいですなあ。

昨日はまたまた解体業者に見積もりさせました。


解体ドットコムなるサイトに登録すると、適当な業者をみつくろってくれます。

この前の業者は知り合いのツテで来てもらった業者。

今回は縁もゆかりもない業者なので、なんの気づかいも遠慮もいりません。


出会うなり申し上げました。




「今日の見積もり、おたくで4社目なんです。○○○万以上になるなら、見積もり出してもらわなくて結構です。」



営業マンのかた、開口一番のこの一発、はっきりいて面食らっておられました。

こっちも必死です。

全く残らないものにお金を使えるほど、我が家の台所事情にはゆとりはございません。



そうそう、この前のショールームでの打ち合わせで、所長Iさまを無理やり(?)引きとめた夢追い家。

Iさまは、現営業Kくんとはやはり違いました。

現在解体業者選定を思案中であること、
住友林業が使っている業者にも見積もりを出させたことを知り、


「これって、○○やなあ。(業者の名前)ここはいつも使ってるとこやからもうちょっと頑張らせようか~。」

Iさま、やっぱりあなたは我が家の見方たなんですよね、ね、ね!

「はい、うちも10万未満の違いなら、住林経由でもいいかなあと思ってるんです。
 
 でもさすがに、そこまでは近づけられませんかね」と私。


「いや、いっつもそこに回してるんで、今回は泣いとけって言えばなんとかなるんじゃないかなあ」


そうなん?

そんなことしてくれんの?

我が家のために???

すごい!所長!かっこいい!


やっぱりIさまじゃないとあかんわ~。

だって、どうせやったらその差額は住友林業の家を建てるために恰好よくする方に回したいもん。


ちなみに、ハウスメーカーは下請けに仕事を投げます。

そこに発生する料金を施主に見積もりとしてあげる場合、

下請けに投げる値段×1・6


つまり、0・6の分は住友林業がマージンとして抜く分です。

160万で解体見積もりが上がっている場合、本当は100万円でできるということです。

(某下請け業者社長談)


所長は本当に我が家のためになんとか力を、知恵を出そうとしてくださっているのがよくわかりました。

それに引き換え、こら!現営業Kよ!

弟ひろし邸の失敗を我が家で埋めようとしているやろ!!

またこの点に関しては後日・・・。



解体など、基本的に材料費が発生しない部分は値切りどころ。

でも、私ではどうもまだ値切ることに慣れていないので、やはり、ここで母上様の登場を願いました。


「あかんで、言うた値段以上で出してきたら話ならんからいらんで。」



母の一言はいつも大の男どもの態度を変えさせます。

「はい、わかりました!」


今回もこの業者は施主である私、ではなく、次の瞬間から母と話してばかり。

母の顔色をうかがっているのがわかります。


「ここは私の土地やから、私の意向を聞いてもらわなあかんねん」


そ、そうですね。そうでしたね。


母の交渉テクニックはかなり強引なところもあるのですが、今後のために私も見習いたいところ・・・。



これでもう見積もり合戦は終了。
今回あがってくる見積もりでもう決まります。


ちなみにこちらをどうぞ。

            1ひろし邸


あまりに面白いので、寒空の中眺めていました。

弟ひろし邸の基礎工事。

1階部分が約50坪ほどあるので、とても大きいはずなのですが、

一緒に見ていた弟のお嫁たんと

「狭いなあ、あれで全部おさまるんやなあ」

と見ていました。


弟と私はこういうのを見ているのが大好きで、場所を変えながらあ~でもない、こ~でもないと見てまわっていました。


どこで発見!

玄関がどこよりも広い!!広く感じる!!


弟邸は、母の意向で、子世帯玄関には親親ドアが入ります。

家の顔なので、広い玄関ホールが設けられています。

真正面から見ると、玄関ホールがすごく広い!!

たしかに、この家は玄関の迫力で誰もが豪邸だと思うでしょう。



ひろし邸の利用する土地面積は140坪。

南面は町を一望でる絶景。
夜は夜景がとてもきれい。

てっきり南面に広い庭ができると思っていたのですが、玄関側を道路から8メートルも
下げて、立派な外構をつくることに。(母の意向)

なので、南面の庭はウッドデッキが8畳分、親世帯に6畳分のタイルテラスがくると、あと1メートルほどしか
地面がないとのこと。

なんだかもったいないなあ・・・。


とにかく、なんてしょうもない家、
と人に思われることがあってはならないというのがひろし邸も
夢追い邸にも課せられた家づくりミッション。

父がとにかく見た目にこだわるひとだったので、
父亡き後であっても、母は
父ならこういう
ああする、ということを考えながら私たち兄弟にそれを求めてきます。

ですので、夢追い邸も外構は手を抜くことは絶対許されず、外観がしょぼい
庭が見栄えしない(あくまでも母目線)
ことも許されず、

「こんな家やったらハンコおさへん!」と言われるのです。


あ~、はなしが脱線しすぎた・・・。



弟邸の配金作業を見ていてテンションが上がった私。

上棟は11月の下旬。

これは絶対1日中見に行こうと弟と約束。

お嫁たん、母上は全く興味ないそう。

「なにがおもしろいの??」

と二人に呆れられながら、日没とともに作業を見るのも終了。


我が家が立つのは来年。

私は働いていてじっくり見られない。

でも今は比較的時間があるので、弟邸が建つのを毎日でも見いける。


暇があれば見に行こうと思った私。

あれが立体になるかともうと、今からわくわくしてきました。
私の家じゃないけれど・・・

こんな雰囲気
ひろし邸イメージ

(住友林業HPより)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

160万中60万とはいい商売

原価の6割を中抜きとは住林もあこぎですね。解体なんて後に影響がないわけで、どこでやろうと同じですから安い所に依頼すればいいんじゃないですか。

住林が下請けに安くさせることができればそれでいいでしょうが、そこまで下げれるとなると他の業者はどうなってるのという感じですね。

こだわりの家 | URL | 2010/11/01 (Mon) 09:52 [編集]


こだわりの家さん

コメントありがとうございます。自営業の家で育ったもんで、ついつい値段の話しになり、最近嫌気がさしています。

本当は住友林業に丸投げしたら楽なんですけどね。

まあ、所長は「交渉してみる手もある」とのことなんで、できるとは言ってませんが・・。社内の問題もあるでしょうから。

一軒からどれぐらい利益が得られるかを試算して、オプションで抜けないとなるとそういうところから抜くのでしょうね。

ちなみに、細かい見積もりをあげてくるところは要注意だそうです。

そういえば、積水の見積もり、細かかったなあ。住友林業も負けてないから。

単価にすでに6割のっているそうで、あとは数量を入力すれば見積もり書の完成、となるそうです。

NOKA | URL | 2010/11/01 (Mon) 11:44 [編集]


No title

いやぁ~。男前なお母さんですね!
惚れてしまいそうです!

基礎しだすと狭く思いますよね。でも上棟されて柱が立ち始めると余計狭く思うんですよ・・・「ホンマにあれが入るんかな~」ってずっと言い続けてました。
それが出来上がると広く思うんですよ!不思議です。

NOKAさんの気持ちよく分かります!わたしも上棟の日、仕事休んで1日ボーと眺めてました。にょきにょきと柱が立てられていくのが面白くて。上棟の2日目は残念ながら見れなかったんですけど・・

解体費用も気になるところです。安く仕上げたいですよね。
Iさんもお母さんに負けないくらい男前です!

ばろん | URL | 2010/11/01 (Mon) 12:30 [編集]


ばろんさん

ばろんさん、コメントありがとうございます。

うちの母はたしかに男前です。
男に生まれていれば、もしくは時代が違えば敏腕をふるって事業など興していたかも。

Iさん、営業所長なんですけど、ほんまにかっこいいんです。
なんかね、家をつくることにかけては手を抜かない、って感じが大好きです。

ほんまに真剣に考えてくださるので、ついつい、それぐらいのオプションもしかたないか~なんて思ってしまいます。
仕事に対する向き合い方がかっこいいと、雰囲気もかっこよくなるんですね。
やっぱりできる男は素敵です。
ばろんさんにも会ってほしいなあ。
今のところ、はにぃさんとしかIさま談議はできないので・・・。

あ、関係なかった。

上棟のにょきにょきと柱が生える、それは絶対見なくては!
たのしみ~。
営業くんに上棟の日、確認しとこ~。

NOKA | URL | 2010/11/01 (Mon) 20:19 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。