To Realize My Dream with 住友林業

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Iさま~

突然舞い込んだ、夢追い家の土地問題。

今日は朝から住友林業と打ち合わせの日。

どうしよう・・と思いつつ、母に確認。

「お母さん、打ち合わせは行ってきていいんやなあ。」


「あ~、どうせあの話(コンサルからの話)はこっちの条件をすべて満たしてないとのめないから、
 
 とりあえず行ってきていいよ。」



とりあえず???



というのも、弟ひろしがその話には反対している様子。
私は立場的に微妙なので、あえて賛否を明らかにしていないのですが、
ひろしからすると、あまりおいしい話ではないという判断なのだそうだ。

我が家の後継ぎは、実際にはまだ決定していません。
世間一般的にいけば、長男のひろしが後継ぎなのですが、母は女でも構わない、と考えているらしい。
そうなると私は旧姓に戻ることになる。
その判断は、今後母が下すこととなる。



さて我が家はとりあえず住友林業ショールームへ。

いつものように、契約したのとはちがう、お隣の支店に向かいました。


「今日こそIさんに会いたいなあ。」


行きの車の中で、旦那さまとI所長談議に花を咲かせていました。


「もうかれこれ2か月以上顔もみてへんなあ。忙しいんやなあ。

 たぶん、部下のしりぬぐいで大変なんやで。あとイベントと。

 過労で倒れるぐらい働いてるんやしなあ。

 Iさんと家づくりしたかったのになあ」



と、我が家が契約した時の営業担当で、今から行く支店の現所長のIさんへの思いを夫婦で語り合っていました。

「今日もカフスしてるかなあ。顔ぐらいみせてほしいなあ。」


いつもは遅刻気味の夢追い家。
今日は約束より15分も早く到着。
今日は現営業担当Kさんは別のお客さんとの打ち合わせなので、初めは同席しないことはわかっていました。

設計T先生が待っていてくれました。

「おはようございます~。遅れてばっかりで申し訳ないです~」

「今日は予定より早いですよ。今日はKが別のお客さんとの打ち合わせがあるので、行ったり来たりします」

「知ってるよ~。また契約取れそうなんやなあ。月末やし。

 さすがやなあ。まあ、今日のところは許しといたろう(笑)」


Kさんは先月も月末はかなりの件数の打ち合わせを抱えていました。

できる男のようです。


「今日は資金計画について、もう少し詳しくお話ししていきますね」

「今日な、うちも見積もりもらってくるはずやってんけど、行き違いで今日の夕方にできるってことになって、

 持ってこれへんかってん。とりあえず、住林の見積もり見せてもらうわ」


資金計書を前にT先生が説明してくれます。

我が家にとってのネックは、解体、整地の代金と外構費。

いつもその項目は、黄色く塗られています。


「外構は、前回とは別プランで見積もりを出させてもらいました。

 解体はこちらです。

 屋外給排水はこちらで、

 あと分筆費用はこちらです。


 それから、この前地盤調査をさせてもらいました。

 その結果から、地盤補強について説明させてもらいます。」



うわ~、そうやった!

地盤補強や!

以前、一条工務店では地盤補強に120万必要と言われていました。

住友林業には、建築予定地の地盤調査はしてもっらっていなかったので、

一条工務店の調査結果を渡してありました。

改めて調査をした結果、


地盤補強、


10万円でいけます」


「よかった~、もうどうしようかと思っててん。」



一条と住友林業では、地盤補強を必要とする規準数値が違うらしい。

一条や積水は地盤補強にお金をかけるらしい。

たしかに、弟ひろし邸は積水に、400万の地盤補強費を計上されていた。


住友林業の見積もり総額は、夢追い家の予定金額に限りなく近づいてきた。

黄色く塗られている項目とにらめっこしながら、どうにかならないかと考えていた。



「こんにちは~」

パッと顔をあげると、なんとそこに、

Iさんが立っていました。

「あ~、Iさんこんにちは~。
 
あいたかったんです~

電話しようと思ってたぐらいで~。相談に乗ってもらおうと思って~」


「ごぶさたしてます~」


お~、Iさんや!今日もかっこいいで!

私はもちろん、今までテンションの低かった旦那様までテンションが上がった様子。

なんか、シャキっと背筋が伸びているように見えた。


「Iさん、あと100万、なんとかならへんかなあ。」

「え!100万って結構な金額ですけど」

「ほんまやね~、ごっつい金額見てたら、なんか感覚おかしくなってくるなあ」


私たちのブースにやってきたIさん。

おそらく、ただ顔を出して、他のお客さんのところに行こうとしていた様子。

「Iさんがいいひんかったら、話すすまへんわ~」


私たちのブースの横を横切るお客さんに会釈をしつつ、す~っとどこかに消えてしまわれました。

「うわ~、I所長、1年ぶりに会ったわ。

 すっかり、こっちの顔になってましたわ~」

と設計T先生。


「なんか大変そうやもんなあ。うちも2カ月ぶりやし」

と話していると、Iさんが戻ってきてくれました。

今度は打ち合わせ用の筆記用具一式をもってきて、席に座ってくださいました。

らっき~


「ご主人、コーヒーいかがですか?奥さま、アイスとホットどちらになさいますか?

 Tくん、どっちにする?」

あらら、所長自らお茶のオーダー取ってくださるなんて!

所長はオーダーを伝えにまた退席。

「なんか、久しぶりに一緒に仕事するから、変な感じやわ~」

とT先生。

「所長にコーヒー頼むのも微妙やなあ」

と私。


所長が戻ってこられて、机に置いてあったプランに目がいき、

所長「これ?えらい雰囲気変わったなあ~」

私 「ちがいますよ~、それね、T先生が私らの要望聞いて、やけくそでださはったやつ」

T先生「ちがいますよ!!別のプランもご提案させてもらおうと思って考えたんですよ!!!」

私 「ごめんごめん、そうやった。」

T先生「ほんまはこっちです」



切り妻屋根の外観を見て驚いた所長。

所長には我が家のコンセプトをいやというほど語ったことがありました。

ドイツ車好きの旦那様。

なんせ、所長もメルセデスに乗っておられるので、

「ドイツ車のような」という部分では共感してもらえたのです。

今までの外観の変遷を見せながら、寄せ棟の3つ目のプランを見て、



所長 「これはまた、やりすぎですね~」

旦那様「そうなんですよ~。私らの言うたこと全部入れたらこんなことになってしまって~」

私  「Iさん、どうしたらいいと思います?それで電話しようと思ってたんですよ」

真剣にパース図を見比べているIさん。

所長「ん~、やっぱり格子いれましょ~。そしてここにもっと木を使って・・・」

私 「なるほど~、そうしましょう」

所長「太陽光どうされますか?瓦一体型のほうがすっきりしていいですよ~。」

私 「事業仕分けにあったんです。でもなんとかしたいんですけどね」

夫 「それからね、ユニデールにして、オイルチーク入れよう思うんです。

   でもオール電化にしたらIHになるのがいややって、言うんですよ」


コンロをガスにしたい私にとって、ユニデールは深夜電力で稼働させるほうがいいというT先生の説明を受けて、

オール電化、つまり、IHでの日々の料理にすごく抵抗を感じています。

どうしても火がいいんです。

でも寒いのはかなりいや。

床暖房は足元が暖かいだけで、部屋全体が暖まらないのは友人宅でも経験済み。

なので、ユニデールで部屋中、家中暖めることにとても魅力を感じています。



私 「やっぱり火がいいんですよ。それより、この間取り、見てください。

   階段の向きがきになるんですよ。こんなところからあがるのっていみがないなあって。

   それから、このままやったら、トイレに行く時がやっぱり寒いんですよ」


その後、間取りの話にすり替えようとしたら、打ち合わせを終えた担当Kくんが参加


所長 「大将、もう終わった?今ね、ユニデールの話と階段の話してたんや・・・・」


と今日の話をまとめてくださった。

営業K「ユニデール、いいですよ。僕は暖吉君おすすめですけど。」


そこから30分、ユニデールの良さ、IHの良さを男ども4人が私を説得するかのように入れ替わり力説します。

私 「わかった、とにかく、関電のIH体験行ってくるわ。それから、展示場でもう一回無垢と床暖対応の無垢
    
   を比べてくる。だから今日は保留」


Iさんとの打ち合わせは、久しぶりでとっても楽しかった私たち。

所長「でもやっとここまできましたね~。」

と感慨深げなIさん。


私 「長いですよね~、お付き合い。」

今日はIさんに多くの提案をされて、正直、100万円ぐらいのオプション増になりそうです。

でも、なんだかいい家になりそうなので、それでもいいかなあとおもえるから不思議。

Iさんにはすごい説得力があります。

信頼感があります。

この感じ、とっても久しぶりで、たとえ100万高くなってもいい家になりそうで、
とても満足感を感じながら帰ってきました。


営業Kさんもできる人なのですが、私たちにとってはIさんとの呼吸が合うようです。

迷った時に、「こちらのほうがいいです」

と私たちに道を示してくださったり、

「長い目で考えたら、こちらのほうが絶対お得です」

って言われると、「そうやなあ」と思ってしまいます。


資金計画からいくと、まだまだ考えることがたくさんある夢追い家の家づくり。

それでも今日はIさんに会えて、なんだかとっても満足でした。


今日の打ち合わせ

・外構は住友緑化でやる方向で

・ALSOKの見積もり

・軒の出900に変更

・ピアノは2階へ

・階段の位置変更

・真壁和室へ

・オール電化かガス併用か考えておく

・ローンMCJに仮審査



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村









 










スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは。色んな提案してもらうとついつい費用がかさんでしまいますよね~?100万円ぐらいならケチらないと思うか、100万円は無理だと思うかは人それぞれだと思いますが、良いお家が建つようにお祈りしています(^o^)/~

ゆーぽー | URL | 2010/10/25 (Mon) 23:10 [編集]


ゆーぼーさん

コメント、ありがとうございます。

100万円、今の我が家にとっては大変な金額!
ただ、それをどこにどのように追加されるのかによって、よし!とするか
ん~のなるかなんですよね~。

家をカッコ良くするために100万円・・・
家の内部をカッコ良くするために100万円・・・
設備をグレードアップすするのに100万円・・・

どれも同じ100万円なんですけど、優先順位を決めておかないとね~。

よかったらまた来てください。

NOKA | URL | 2010/10/26 (Tue) 10:12 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/10/26 (Tue) 13:30 [編集]


No title

地盤改良工事は安くて良かったですね。
我が家は工事が必要なのは最初から分かっていましたが、100万円ぐらいかなあと思っていたところ、200万円を超しました。
そのため、予定よりいろいろと節約を行うことになりました。

あと我が家ではオール電化にしていますが、IHは便利だと思いますよ。直火が使いたい時はカセットコンロを使っています。

ラスカル | URL | 2010/10/26 (Tue) 22:48 [編集]


ラスカルさん

地盤補強に200万は大変でしたね。我が家はなんとか一部補強ですんで一安心。でも、メーカーによって基準が違うってどういうことなんですかね~。

あと、オール電化でIHを使われてるんですね。うちも夫に、「どうしても火が使いたいときはカセットコンロ使ったら?」って言われたんですよね。

だんだんIHでもいいかなあと思ってきました。お掃除、楽 そうだし。

またいろいろ教えてください。

NOKA | URL | 2010/10/27 (Wed) 09:07 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。