To Realize My Dream with 住友林業

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

シンガーソングライターへの道 6

会場は四条大宮にある大宮アマデウスサロン。

ホールというには少し狭いのですが、ピアノのイベントは主にここ。


着いた時には、まだゴンキチーヌの10番ぐらい前の子たちの演奏でした。

演奏の合間に入ったタイミングで出番だった子は、中学生だったのですが、とても

素晴らしい演奏で、感動しました。


うわ~、中学生になったら、あんな演奏できるんや~。

それにあんな曲が作れるんやなあ・・・


と思いながら、聞き惚れていました。

あとで聞けば、その子は毎年JOCでファイナルまで行くようなすごいお姉さんでした。


JOCは各楽器店ごとに

開催されたあと、優秀な作品はどんどん上のたいかいに上がっていき、全国大会、さらには

インターナショナルまでいきます。


その全国大会に毎回常連になっている子。

すごいです。

エレクトーンでの演奏ですが、世界に引き込まれました。


その後、ゴンキチーヌの2年下の、同じ門下の生徒さんたちの演奏。

それを聞いていて、ハッとしました。


「ここのピアノ、あまり響かんようにセッティングされてるから、

 あんまり響かへんし、フォルテはちょっとつよいかなあ~って思うぐらい

 思いっきり引いていいよ」


と助言しました。

そうなんです。

このピアノは、ごまかしが利かないんです。

雰囲気だけでごまかせないんです。




ゴンキチーヌの前4人が、同じグループのお友達の演奏。

それぞれ、みんな大変は思いをして曲を生み出し、

みんなそれぞれのドラマをバックに演奏しています。


中には先生の好みで、

「この曲は今回はちょっと寝かしておこうか。

 もう1曲作ってきて」

と2曲作った子もいます。


ゴンキチーヌの先生の生徒は、今回15人出場しています。

ピアノソロがメインですが、アンサンブルにアレンジしてもらったり、

クラリネットとのアンサンブルにしてもらった子もいます。


一人で15曲ものアレンジをしている先生。

その間には、先日出場したアンサンブルフェスティバルのアレンジもありました。

それに、ヤマハ以外でも生徒さんを多数抱えておられて、

毎年、音大や芸大に入れていらっしゃる先生なんです。


どこにそんな時間があるんだろう・・・。

それに、どの曲も素敵なアレンジだなあ・・・。


そんなことを思いながら他のこの演奏を聴いていると、

ゴンキチーヌが舞台袖に行く時間になりました。


「大丈夫やで。思い切ってやっておいで。落ち着いてね」

と送り出しました。


今思えば、落ち着いていないのは私のほうでした。



前の出番の子のビデオをとりながら、だんだんと緊張してくる私。

毎回そうなんです。

わが子の演奏前は、本当に心臓が口から出そうになって、

手が震えてくるんです。


「56番  ○○ゴンキチーヌさん  

  曲はいつもいっしょ


つづく
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。