To Realize My Dream with 住友林業

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

着工合意そして打ち合わせ

みさなさま、気が付けばずいぶん更新していませんでした。

前回ネットが、「やっとこ開通した」と申しておりましたが、

ネットが開通しても、パソコンの前に座る時間、元気がありませんでした。


しかし、そんな中でも2つほど書いた記事もあったのですが、何度も地震速報が流れて、

なんだか、こんなこと書いてていいのか、と思い、

公開できず、お蔵入りしてしまいました。


管さん無能ぶりにいら立ち、枝野さんが気の毒で・・・。




さらには、記事に対してコメントいただいたにも関わらず、お返事もせず申しわけございません。

また、折をみてお返事書かせていただきますね。


さて我が家の生活。

仮住まいに引っ越て1か月が過ぎ、わがの生活は不便極まりあしません!


お風呂がない生活・・・

相手(母もしくは弟家族)の都合に合わせてお風呂に入らないといけません。

先週などは、母と大喧嘩し1週間、口も聞いてもらえないため、

弟邸にもらい湯・・・


1歳と2カ月の2人の赤ちゃんを抱えるお嫁たん。

泣いていれば、抱っこの一つも、おむつ替えの一つも手伝わずに帰るわけにもいかず・・・

赤ちゃんの面倒は、わが子ではないために疲れます。

夫はほとんど外で入ってくるために、余計な出費・・・


使いにくい台所。

母のものがたくさん残っていて、自分のものを置く場所もなく、

それでいて、勝手に鍋などを借りると怒られる・・

どうしろと言うのか・・・

ろくな料理ができない現状にストレス・・


収納場所がない生活。

これまた、押し入れに物が残ったままで、さらに、クローゼットも母の服が。

服をしまう場所がなく、現状、悲惨なことになっています。


ストレスばかりの仮住まい・・


こんなひっくり返っている家に、なんと、

家庭訪問で先生がくる!


うわ~、どうしようかなあ~・・・


と考えるだけもストレス・・・


まあ、しばらくの辛抱だと、あきらめの境地の入りつつあります。

家賃も要らないし、光熱費も負担が少ない(お風呂分)ので、

気持ちを切り替えて、ちょっとでも住みやすくする工夫を考えます。





さて、お家活動、どないなったでしょう。

16日に着工合意

17日に地鎮祭を行いました。


着工合意って、もっと長い時間かかるのかなあと思いつつ、

30分かかったかなあ、って程度のものでした。

ていうか、まだ和室の仕様も決まってないし、

インテリアの打ち合わせも出来ていないのに、着工合意って、

どんだけこれから打ち合わせしなあかんのやろう??


まあいいや。


なぜかのんびりモードが抜けきらない、我が家の打ち合わせ。

着工合意後の増額分って、現金でお支払いしないといけないんですよね?

っていうことは、うわ~、もうあんまり増額できひんのに、大丈夫か?



16日。

着工合意のあとの打ち合わせでは、和室の仕様決めが本丸でした。

しかし、着工合意を控えて、あらためて図面とにらめっこした私。

見つけましたよ!

これはいかん!を。


我が家にはランドリールームなる、こじゃれたものはなく、

脱衣所兼洗濯室兼収納部屋(以下洗濯室)

この3畳のスペースが、新居ライフの効率を大きく左右すると言っても

過言ではないと思っているために、再度、シュミレーションを行いました。



この通称洗濯室

とにかく洗濯をすべて完結させられることがねらいとして大きく掲げられています。

私が家事のなかでもっとも嫌いなのが、洗濯ものを取り込み、畳んでかたずける。

たった3畳の場所に、洗濯機と造りつけのクローゼットが収まります。あとホスクリーン。



3畳の空間は、

洗濯機の左横はお風呂。

お風呂の戸が引き戸になっているため、洗濯機の左側の壁には

棚などをつることができません。

洗濯機の上の壁は窓。

ここにも棚をつけられません。

と言うことは右側。

右側がちょうどクローゼットがくるため、

クローゼットを開けた、左端に可動棚を作ってもらう予定でした。

目的は洗剤をしまっておくため。


しかし、よくよく考えてみると、

洗濯機を回すために、毎回、戸をあけて洗剤を出して、

またしまう作業が、とても面倒に感じられたのです。

以前マンションで使っていたような、ステンレスの棚を置こうかとも思ったのですが、

せっかくある窓をふさいでしまうので、それは却下。



まあくんさんところみたいに、上部に窓をつけてもらおうかと思ったのですが、

洗濯機の上に窓、さらに高い位置となると、

身長157センチちょっとの、ちびっこな私は、

絶対に窓を開けないような気がしたので、却下。


私  「あの~、この場所なんやけど、どうしても洗濯機の上に棚がほしいねん。

    母のところで洗濯機を使ったときに、洗剤が引き戸を開けた棚にあって、

    2回ほど洗濯しただけやのに、すごく面倒に感じたんやんか~」


T先生「あ~、じゃあ、洗濯機の上に棚つけましょうか」


私  「でもつけられる?お風呂の戸を開きにしよかなあ」


T先生「ん~、将来のことなどを考えて、この家は1階すべてが引き戸なんで、

    お風呂もこのままのほうがいいと思うんです。」


私  「そうなんや。でもここ窓やし、どうしたらいい?」


T先生「窓の高さを変えるか、窓の大きさを変えるか、ん~どうしよかなあ」


てな具合で、小一時間、ああでもない、こうでもないと

考えてくれたT先生。


私  「ごめんな、ここ、えらい動いてばっかりやなあ」


T先生「いえ、ここは毎日使う場所なんで、重要ですよ」


私  「そうやけど、変更ばっかりで申し訳ない」


本当に、些細なことですが、不便が生活を破たんさせるのは今の家で嫌ほど感じています。

母はよくこの家で、何十年も耐えてきたなあ、と思う毎日。

お風呂は外、洗濯置き場も外、大変やったなあ。



ということで、洗濯機上の窓を左(お風呂場側に)にずらして、

洗濯機右側の壁160センチの位置に奥行き30センチ幅60センチほどの棚をつけてもらうことにしました。


そして、キッチン前のスタディーコーナー。

180センチの幅で奥行き45センチのカウンターをつけてもらいます。

ここはパソコンを置くので配線がうじゃうじゃしそうです。

はにぃさんのところがカウンター下にもう1枚板を渡してもらっていたことを

思いだして、私も頼むことにしました。


私  「それから、ここのカウンターやねんけど、下にもう1枚、15、6センチの

    板を渡してほしいねん。配線が床をはったら、ほこりの問題があるし、見た目もちょっと」


T先生「板?板なあ。それって単にケーブルを受けるためだけのものですか?」


私  「そう、そう」


T先生「板なあ。板じゃなくて、樋状になったものの方がよくないですか?」


私  「あ~、受けるようにってこと?」


T先生「板よりちょっと湾曲してるほうがいいと思うんです」


私  「そんなんあるの?」


T先生「ん~、ちょっと探しておきますね」


ということで、なにやらご提案いただけるようなので、お任せすることにしました。

まあ、単に板でもいい気がしないでもないのですが・・・。


それから、2階も変更。

子ども部屋とピアノ部屋をゴンキチーヌ要望により、2枚の戸で仕切る予定でした。

しかし、そうすることによって、ゴンキチーヌの部屋に壁がないことに気が付きました。

私 「あと、この部屋の戸で仕切るのをなしにしたいんやけど。

   南と東が腰窓で、西がクローゼットのの入り口で、

   全面壁の部分がないなあと思って。

   家具の配置が難しくなるなあと思って。

   本人に確認したら、別に続いてなくてもいいって言いだしたから」


T先生「そうですか、そしたら、いずれは外せるような壁にしときましょうか」


私  「そうやなあ、将来、はずして、教室とかできるかもなあ」


私  「これって、コストダウンになった?」


T先生「そうですね~、なったと思います」

私  「じゃあ、この分、階段あがったところの壁の部分に棚つけられる?

    漫画とか単行本とかCDが置けるぐらいの奥行きで」


T先生「あ~できますよ。」


てな具合で2階階段笠木下に可動棚を追加。


さらに、ホスクリーンを2階にも付けることに。





さあ、お待ちかね、いよいよ和室の打ち合わせ。

と思ったら、時間がえらいことになってます。

私  「やっと和室やん、私、ここを一番楽しみにしてたんやけど」


T先生「どんな感じでいかれますか?」


私  「五条展示場とか京田辺展示場の和室がいいなあって思うんやけど。

    あと、福知山展示場の和室もかっこいいなあって思ってるんやけど。」


真壁和室にできなかったけれど、どうにかカッコよくしたい私。

畳はイグサでいくことは最初から決めていました。

本当は国産の特1級とかにしたかったんですが、そうすると、とんでもなお値段に。

あきらめて、ちょっとだけいいもので妥協しました。


T先生が用意してくださった、実例集を見ながら考えるものの、

私の目がいくものは、どうしても真壁和室。


私  「あ~、あかんわ。どうしても真壁に目が行くわ。

    モダンな感じってよくわからんわ」


T先生「たとえば、天井の材質を変えると雰囲気がだいぶ変わります。

    あと、西側の障子なんですけど、雪見障子にします?」


私  「したいけど、もう、私のきらいな言葉をまた言うやろ?」


T先生「え?コストアップですか?(笑)」


私  「そうそう、その言葉大嫌い。

    好きな言葉が聞きたいわ。

    サービスとか、お値引きとか(笑)」


T先生「そうですね・・・ん~、5万か~なんとかならんかなあ」


私  「なんとかして、マネージャー」


実は、我が家は前回の打ち合わせで、最後のサービスを引きだしたんです。

でも、目標額には到達しなかったので、今度、小刻みに積んでやろうともくろんでいたんです。


T先生 「ん~考えておきます」


あ~、この、「考えておきます」は、ダメってことです。

今までの経験上ね。

なんせ、お付き合い長いですからね・・・。



実は我が家、完成後に、なんなら1カ月でも見せてあげるよ、

っと見学を受け入れることにしたんです。

仮住まいが目の前なので、少々引っ越しを遅らせてもいいので、

どうぞ、見てくださいって。


それで、千陶採をサービスしてもらうことになったんです。

なんで字、小さいの?って??


だって、T先生が内緒にって言うてたから、小さくしときました。




あと、なんかこちゃこちゃと言うてたけど、

ほんとに打ち合わせブースで小声でしゃべらはるので、

何をサービスって言ったかわからなかったのですが、

見積もりには、端数調整で○0万ほど引いてもらいました。

目標額には○0万、届かず・・・



ちなみにこのサービス、I様が動いてくださったようです。


T先生 「あの~、Iがこちらの支店にいたときから、現支店長とはツーカーの中でして、

     Iのほうから支店長にかけ合いまして、今回、これで調整させていただくことに

     なりました」


私  「え~、Iさんが!!そうなんや~」


てなことで、思わぬところでI様がご尽力くださいました。


あ~、I様ってやっぱり我が家の星よね~。

あ~、やっぱり、我らが(私とはにぃさんだけやけど・・・)I様よね。

と思ったものの、それ以上何も言いませんでした。


だって、T先生にとっては、I様って結構めんどくさい存在のようです。


時折、Iさまがいたころの愚痴が飛び出して、面白いです。


夫  「どこの会社も同じやね~。

    うちの会社なんて、どうやったらみんな早く帰れるか、っていう議題で

    夜中まで会議するんやから、あほかっていうねん。

    会議して売れるんやったら、なんの苦労もないわ」


T先生「ほんまですよ。昔に比べたら、だいぶマシになったんですけどね。

    誰かがいたころに比べたら。」


私  「誰か?あ~、Iさんか。それっぽいなあ。

    あの人、めっちゃ精神論語らはるし、びっくりしたわ」


T先生「ね~、ほんまに、こんなびっくりな値引きだけして、自分はさっさとよそ行くし」


私  「はは~、これってびっくりなん?もうわかった、なんぼでも家見せてあげるから。」


てな感じで、I様の愚痴が飛び出すのがおもしろい・・・。


あ~、脱線。





和室ね、和室。


結局、イメージがまとまらず、T先生が、

「そしたら、こちらからご提案させていただきましょうか?」

私 「そうしてくれる?もう~、真壁意外の和室ってどれがどうだかさっぱりわからんわ」

ということで、結局、次の打ち合わせまでお預けに。



和室なあ・・・

玄関入って、すぐに目につく和室の障子。

まずはこのデザインが我が家の目玉。

それから、天井とクロスをどうするか。

ほんまは付け鴨居、つけ長押と言いたいんやけど、

どうも、モダンよりな和室をT先生が造りたいようなので、

乗りかかった船、T先生を信じて、お任せしてみようかと思います。


っていうか、単にわからないだけです。


さ~、次回は地鎮祭の様子をお届けします。

営業さんがたくさん写真を撮ってくれたので、

それをアップしますね。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村








 

























スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

見栄えばかりでは

和室の仕様も決まってないのに着工合意って、無茶苦茶ですね。地窓でもつけることになったら、どうするつもりなのか。

お風呂の引き戸は勧められません。水漏れしやすい上に、レールが汚れやすく掃除が大変です。

こだわりの家 | URL | 2011/04/23 (Sat) 08:56 [編集]


こんばんは。

洗面脱衣室、ずいぶんお悩みのようですが、生活する上で一番使う場所ですから、絶対に後悔のないようにされるコトをオススメします。私もない知恵を振り絞って死ぬ程考えましたが、なかなか100%の満足って難しいです。

でも生活に不便を感じる場所になってはいけませんからね。

PC置く場所の2枚カウンター、これ絶対良いと思いますよ~。我が家の家事室カウンター下、コードが邪魔ですもん。

和室、NOKAさんのこだわりポイントですから妥協したらあきません(NOKAさん風に言ってみました)

モダンな和室も良いですが、やはり和室には和の趣を取り入れた方が良いかと個人的には思いますよ。

我が家はリビングと一続きが絶対条件でしたからそれは叶いませんでしたが、NOKAさんには是非とも最後までこだわって欲しいです。

着工合意時点で残案件がそんなにあるってのは、こだわりの家さんがおっしゃる通りあり得ないですけどね(^_^;)

まあくん | URL | 2011/04/24 (Sun) 19:42 [編集]


こだわりの家さん

コメントありがとうございます。
そして、ご心配ありがとうございます。

お風呂の引き戸、水漏れの心配あるんですか!
知らんかったなあ・・・。
レールの汚れは、確かに・・・気になる。

開き戸にしようかとも思ったのですが、T先生に負けてしまいました。

和室の仕様、細かい仕様の間違いですね。
窓などは決まってますので。
ん~、もう予算オーバーなので、和室もたいしたこと出来そうにありません(泣)

NOKA・夢追うおかん | URL | 2011/04/25 (Mon) 15:10 [編集]


まあくんさん

コメント、ありがとうございます。

100%満足なんて、むりですよね~。
でも、考えなしに突っ走って失敗するより、考えて失敗なら、
まあ、あきらめもつくかなあ~と。

和室、こだわりたいところなのですが、どこを削って、
その分を回そうかと葛藤中。

着工合意、なんだか、ここにきてだだだ~と行ってしまいました。
でもまあ、カーテンも照明もマックス(理想のプラン)で見積もってあるので、
まあ、その辺りを削減しながら、和室に回すしかないかなあと・・・

ICとの打ち合わせって、まだ1回しかやってないんですよね~。
なんだかなあ・・・。
どうなることか・・。

まあ、最後には、ごてるしかないかなあ(笑)

NOKA | URL | 2011/04/25 (Mon) 15:16 [編集]


PCカウンターの2枚板、便利そうですよね~~
うちも設計段階で知っていれば取り入れていたと思います!
思いの他、コードって目につきますもの。

着工合意までに設計がほぼ完成していれば後は楽だと思いますが、
NOKAさん邸はまだ決めていく箇所があるのですね。
まだまだお忙しい日々になりそうですが、
ぜひとも満足度100%に近いおうちになりますように!

タマリータ | URL | 2011/04/27 (Wed) 19:41 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/04/27 (Wed) 19:54 [編集]


タマリータさん

コメント、ありがとうございます。

カウンター下の板、私もブログを読んでなかったら、
全く思いつきませんでした。
はにぃさんところのブログは、我が家のバイブルになってます。

ていっても、あんなにお金かかってないですけどね・・・

うちの打ち合わせ、いつまで続くのかなあ。
和室、照明、カーテン、壁紙どうするんだろう・・。

NOKA | URL | 2011/04/28 (Thu) 20:41 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。