To Realize My Dream with 住友林業

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いちばん怖いのは、実は・・・

またえげつない話です。

ある意味、他人事なら面白いかもしれません。

私も他人事なら面白いです。


人の不幸ですから・・・

笑いたければ笑ってください。


でも、そんなコメントは一切いりませんよ。

読み逃げ結構。

















来月17日に引き渡しの弟の家。

家のほうは着々と進んでいます。


住友林業に依頼したのは、この安心感を買ったと思えば、全く後悔はないと施主の弟が言っています。





実は、弟はトラブルを抱えていました。

母に「なんで月曜日からさせへんかてっん!」

とキレたのか、理由がわかりました。



このトラブルが原因でした。

頭がカッとなって、不眠に陥り、相当苛立っていたようです。




弟の家の建築にあたり、造成をして、山を切り崩しました。


弟の家の南面は落差10メートル以上の崖。

その崖の下には我が家の建築予定地があります。

弟は姉の家が崖の下に建つので、絶対に造成の土を落とさないようにと

指示していたにも関わらず、その業者は落としました。


実はそれ、確信犯だったんです。


そうすることで、土を留める、よう壁を造らせるために・・・。

わざと・・・。


その原因を作っていたのは





実は、







伯父でした・・・。








身内に裏切られた!!!





弟が造成業者の紹介を頼んだのは、伯父だったんです。

伯父が元請けで、造成をしているのが下請け。

造成と外構で470万で依頼していたのですが、

伯父は、実は、300万で下請けに投げていたんです。

伯父は元請けだとは言いません。

あくまでも、紹介しただけを装っています。

でも、入金は自分にするようにと言っているようです。




つまり、伯父は甥っ子から170万抜こうとしていたんです。




許さん、絶対に!!



でも「していた」んです。

あくまでも・・。



実は、いまのところ実害はないんです・・。


まだお金、払ってなかったんで・・・。



弟のほうが役者が1枚上手でした。

実はきちんとした請負契約書を交わしてないので・・・。



伯父がそういうことをしそうなこと、弟も気付いていたので、

あえてその道を選んだそうです。



下請け業者は次に私の家の建築に関する仕事があることがわかっていたので、

私の家の仕事で、今回の仕事の抜かれた分を取り返そうと思ったようです。

なので、あえて土を流したんです。



なぜこれがわかったか・・・。

業者が口を割ったから!!



この業者さん、とても人のいい方なのですが、やたらミスが多かった・・。

弟はこの業者と初対面の日に、

「確認します。今回は請け負い契約を書面で交わしませんが、今回この○○へーベーの造成と

 この外構を、あなたは470万円で私○○から請け負うことでまちがいありませんね?」


と確認したようです。


そしたら、相当困惑したらしく、弟はピンときたようです・・。



この業者さん、とても人はいいようなのですが、仕事が雑でした。

でも雑になった理由はなんとなくわかります。

300万で受けた仕事は、実は470万だったと本人も来て初めてわかったのですから・・。


でもそれって理由になりませんよね。

弟は、着手金はその業者に直接振り込みました。

なので、業者も今のところ実害はないんです。

でも、ミスが多すぎました。


隣地との境界のポイントは飛ばす、

造成の高低差を50センチも間違う、

隣地とのよう壁を、隣地に食い込ませる・・



さらに土を流す・・・




弟は今後も、伯父にではなく、業者に直接振り込むつもりだったので、

きちんとしてくれれば、この業者も儲けが出ていたのに、

こんなあざといことをしたばっかりに・・。



もちろん私は依頼しません。

結局、弟も外構は別の業者に依頼することにしました。


弟が苛立っていたのは、造成をきっちり最後までやりきらせるために、

最後の交渉をこの業者としていたからです。


結局、着手金でやる予定の分はなんとかやりきらせたようです。

ただ、相当、交渉に疲れたようです。


なぜ、弟はあえてこんな危ない橋をわたったのか・・。


時間がなかったから・・・。



なんせ、地鎮祭の日に予定していた造成業者を切ったから、

急遽造成業者を見つけないといけなかったんです。

それで、伯父に紹介を依頼したんです。


早い話が、足元を見られたんです。


少々高くても、安心料として、きちんと請負契約を結んでやるほうがいいことは百も承知。


弟もほんとうに社会勉強になったと言っています。


問題は我が家の建築場所に影響する土の問題・・・。

どうしたものか・・・。



一応、この点に関しての賠償請求はするつもりです。

絶対にやるな、と言ったことをやったんですから。

業者もこれに関しては認めているんです。


ただなあ、契約書ないしね~。

元請けに請求っていうても伯父、とぼけるやろうし・・・。


どうもいっつも貧乏くじ引かされるのは、やっぱり私か~・・。

平和主義者やけど、私、いっちょあばれなあかんのかなあ~。






















スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

・・・たいへんそう。
おじさん、なんなんでしょうね。
身内からもうけるなんて・・・。
10万、20万くらいなら紹介してくれたお礼にあげるけど、300万を470万っていうのはやりすぎですね。

あ、トップライト。
うちもIさまが「雨漏りする」と言ったのでなくしました。
トップライトはないけど、日中の2階廊下は暗くないです。
もしかして、Iさまご提案のらん間が効いてるのかな(笑)

はにぃ | URL | 2011/02/25 (Fri) 13:53 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/02/25 (Fri) 21:56 [編集]


はにぃさん

いや~、大変です。
お金はないのに、土地だけはあるってこういうことが今後も
付きまとうんですよね~、きっと・・・。

あ、はにぃさんところもIさまからトップライトは止められましたよね~。
T先生、なんだかこういうところで信用できなくなるんですよね~。

もうけ主義はあかんよ、ってこんど釘さそう。

欄間、きっと効果あるんですよ。
さすがや、Iさま。

NOKA | URL | 2011/02/26 (Sat) 18:26 [編集]


造成工事でトラブっていた自分ちを思い出しましたね。
やっぱり造成工事のトラブル多いんですね。

我が家の場合はとにかく工事が遅かった。
梅雨時だったけど一ヶ月ほど全く進みませんでした。

結局、中途半端な造成のまま工事に突入し、家と平行して造成工事がされていました。
最終的にはなんとかなったし、500万円弱の工事が300万円強になったから結果オーライだったんですけどね。

しかし、身内のからもうけようなんて、、、
ちょっと生臭い問題ですね。

ラスカル | URL | 2011/02/26 (Sat) 23:56 [編集]


ラスカルさん

コメントありがとうございます。

ラスカルさんところもトラぶりましたか~。
うちの場合、後ろでどうも伯父が糸を引いているっぽいので、
ややこしい・・・

身内の恥・・・。

まあ、弟も初めは550万だったところを、
結果430万ぐらいでおさめられるようなんで、
それも気苦労代なのでしょうね・・・。

ああ、我が家の土地問題こんごどうなることか・・・。

NOKA | URL | 2011/02/27 (Sun) 15:50 [編集]


こんばんは。

中々に難しい問題ですね。

親戚付き合いはそれぞれのご家庭によって色々あるかと思いますので、あくまでも個人的な意見を申し上げます。

私ならその伯父さんと縁を切りますね。『金の切れ目が縁の切れ目』ですよ。とかく、親戚関係の拗れは金銭トラブルだったりしますが、今回の件はお金だけでなく、信義に悖る行為です。信用はお金では買えないですしね。

すみません、感情的に誹謗中傷と言う自分勝手な発言してしまいました。

大変失礼致しましたm(_ _)m

まあくん | URL | 2011/02/28 (Mon) 19:52 [編集]


まあくんさん

コメント、ありがとうございます。

伯父、今度こそ疎遠になることでしょう。ただ、きちんと責任は取らせます。

この伯父、はっきりいって、地獄に堕ちることを願わずにはいられません。

NOKA | URL | 2011/02/28 (Mon) 21:55 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。