To Realize My Dream with 住友林業

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

本日、2本立て、まずは自分のこと

みなさま、私、先週の木曜日に、無事、大学卒業が決定いたしました!


三十路、それでも教師になりたい夢が忘れられず、一念発起。

昨今の少子化、不景気、さまざまな要因から来る学校教育に対する
注目の高さ、この現実を考えると、生半可な気持ちで挑戦するなんて
いってはいけないと思い、自分にとって最もハードルの高い現実を設けることによって、
夢と自分の能力とを早いうちに見極めて、
決着をつけようと考えて、目標設定しました。


5年前、仕事をやめて受験勉強を始めました。
ゴンキチーヌは4歳。
目指すは国立大学教育学部。


そうなんです、私、センター試験を受けること、
それも、5教科7科目、英語はもちろんリスニング試験、
センター試験で自分の学力を試すことによって、
教師になれるかどうかをまず、試そうと思ったのです。


学力の低い教師なんて、
不得意な教科のある教師なんて、
一番の不適格教師!
通信大学という手もあったのですが、
それでは、学力の程度が量れないと考え、
一般受験の道をえらんだのです。



本当に苦しい受験勉強でした。
なにに一番苦労したか・・・。



英語

なかでもリスニング!


そんなもの、私の現役時代にはなかった!!



英語はとにかくしんどかった・・・。
勉強を始める前に一度やってみたセンター試験の過去問。


結果、

200点満点で55点。


なんということでしょう・・・。
そんな状況ではじめた受験勉強。


でも1年で、本番では160点以上マークしました。
リスニングはいまいち伸び悩んだけれど・・。


何度、知恵熱をだしたことでしょう・・・。
熱を出して、頭の中をぐるぐると英単語と構文がまわるんです。


そんなにまで苦労して入った大学。
この4年を振り返ると、
父親の病気と死によって、
状況がいろいろと動いていきました。


予期できなかったこと。
学問に集中するためには、家庭の安定がどれだけ必要かを、
身をもって体感しました。


そう考えると、今の学力不振の子どもだちの背景は、
貧困や家庭不和、本当の意味でささえてあげられるような仕組みづくりが
急務でないだろうか、
そして、少しでもそんな子たちのために役立ってあげられないだろうか。



卒業論文は書いて終わりではありません。
口頭試問という面接による試験があります。
それが先週の木曜日で、その後、下級生への論文のプレゼン、
そして追い出しコンパ。

コンパでは研究室ごとに担当教官への謝辞を述べます。
そこで、最後に私たちは
コント「こんなゼミ生はいやだ」を熱演。

いちおう笑いをとって終わりました。
涙はなし・・・。


追いコン後、例の担当教官に家まで送っていただくことになり、(地元が同じ)
車の中でいろいろとはなすことが出来ました。

「大学きて、どうだった?よかったか?」


「はい、本当によかったです。

 私は、なんとなく生きにくさを感じていたのですが、

 自分の得意、不得意がわかってなかったなあと思いました。

 この4年間、自分の不得意が本当に際立ちました。

 その分、自分の得意がもっと光るようになりました。」


「そうか~、じゃあ、卒論は本当にやりたかったことか?」


「いいえ、私は大学4年間で、実践以外のことに挑戦したいと思っていました。

 なので、言説研究でもなんでも、知らないことをやってみて感じて、

 自分の限界を見たかったんだと思います。

 はっきりいって、向いてないと思いました。

 実践は今までもこれからもず~っとやっていくので、

 4年間は大学でしかできないことがやりたかったんです」


「そうやったんか~。

 おれはそれをわかってやれてなかったな~、わるかったなあ」


この言葉に、うるうるきてしまいました。

夜の車でよかったよ、泣いてるのがばれずに済みました。


まじで、先生になんど「死ね」っていわれたことか・・・。

まじめな私は、死ぬ気でやりましたよ、200件もの新聞記事の要約も、

200冊の教育雑誌の調査もやりましたよ。


でも、私に向いてないってつくづく思いましたよ~。


でもそれってやったからわかった。

私は本当に実践に向いているってつくづく思いました。

子どもたちから感じて、考えて、それを形にするのが本当に得意です。


でも、何かを見つけるような作業は、全く向いてません。


ということで、私の卒論、予想通り、

なんとも中途半端な仕上がりで完成!


もうほんとに、中途半端・・・。



でもいいんです!

人生、後悔があってもいいんです。

その後悔を糧に、また新たな挑戦をするんです、私は!!


と、いうことで、多くの方からの応援メッセージをいただいたことで

なんとか書きあげた卒論、無事、完成しました!

ありがとうございました。


来月25日、卒業します!!



私のはかま姿、見たいっていうマニアックな方、

勇気のある方がいたら、

載せちゃおうかな。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

少し早いですが、卒業おめでとうございます!

すごいですね、NOKAサン。尊敬します!
育児、家事をこなしながら大学受験、教師を目指す。本当にすごいです。
尊敬です!!・・・伝わってますか?

4年間お疲れ様でした。
NOKAサンにとっては「これから」なんでしょうね。
教育現場は、その現場にいない私でもたいへんだと聞いています。
頑張ってください。応援しています。

ばろん | URL | 2011/02/22 (Tue) 12:52 [編集]


卒業おめでとうございます。
はかま、はかれるんですね!
見たい見たい。

同僚の子どもが通っている公立小学校では、授業中に校庭に落とし穴を掘り、それを低学年の生徒が窓から見ているのを見つけると教室へ「いま見てたんはだれや」と怒鳴り込みにくるそうです。
その子たちはいつもは保健室登校をしていて、体調不良の子が保健室に来るとナイフを突きつけて「何しに来たんや、帰れ」とおどすんだとか。
ナイフは取り上げても取り上げても毎日あたらしいナイフを持ってくるのだそうで・・・。
どんなご家庭のお子さんなのでしょうか。
ナイフでおどされた子どもの心の傷はどうなるのでしょう。
そんなお子さんでも、学校に来ないよりは保健室に登校してもらうほうがよいのでしょうか。
わたしには答えが出ませんけど、わたしの子どもにはそういうお子さんがいない環境を与えたいと思います。
ほんとうに教育現場は大変だと思いますが、NOKAさんの高い志を尊敬します。
がんばってください。

はにぃ | URL | 2011/02/22 (Tue) 13:42 [編集]


ばろんさん

コメント、ありがとうございます。いつもありがとうございます、温かい言葉。

学校、大変ですよね。たぶん。

実際、ちょっとビックリな経験は学生ボランティアでもしましたし。

大学卒業、うちの両親に一番に感謝、次に旦那、次にゴンキチーヌかな。旦那の両親もいろいろお世話になったなあ。

みんなに感謝です。

NOKA | URL | 2011/02/22 (Tue) 14:22 [編集]


ご卒業おめでとうございます。

NOKAさんは、肝っ玉かあさん(ほめ言葉ですよ)ですから、肝っ玉先生になりそうですね。

子育てしながら、の先生業はそりゃ大変だと思います

何十年後にもふと思い出す、心に残るいい先生になってくださいね。

応援しています。

そして、はかま姿も♪

びび子 | URL | 2011/02/22 (Tue) 15:09 [編集]


卒業おめでとうございます。
NOKAさんはホントにすごいです!えらいです!!
仕事を辞めて大学に行くことだけでもすごいのに、このご時世教師になろうっていうのもすごいと思います。

大学を卒業したら次は教員試験ですね。
頑張ってくださいね。

私もNOKAさんの袴姿みたいなー。

らぴまっく | URL | 2011/02/22 (Tue) 16:14 [編集]


ご卒業おめでとうございます!
ぜひはかま姿を見せていただきたいです。
だって記念だもの。


私も10年近く前、情報処理の先生を目指して通信教育の大学に入学しました。

入学後、結婚→出産となって途中休学しましたが、なんとか無事卒業・・・はしましたが、残念ながら教員の資格は取れませんでした。

なぜかというと、必修の海外研修に行けなかったから。

別にそのことを後悔はしていませんが、でも何歳でもやる気があれば頑張れるっていうことは身をもって経験しました。

学生の頃と違って、社会人経験後の学生は大変でしたけどね。
頭が固くなってるから覚えなきゃいけないこともなかなか覚えられないし。

本当にお疲れ様でした。
でもまだ夢の第一歩を踏み出したばかりです。
体を労わりつつ、夢に向かって突き進んでくださいね。

アキタマ | URL | 2011/02/22 (Tue) 18:05 [編集]


こんばんは。

卒論、ホントにお疲れ様でした。

そして、自分を高めるため自分の限界を見極めるための大学通学、ホントに素晴らしいですね。

自分の怠惰な学生生活を振り返って穴があったら入りたいです(笑)

こんなに志の高いNOKAさん、立派な先生におなりになるんでしょうね。

そしてこれからは、その情熱をお家づくりに向けて素晴らしいお家を建てられることと思います。

超楽しみなんですよ、NOKAさん邸。

まあくん | URL | 2011/02/22 (Tue) 18:11 [編集]


連投すみませんm(_ _)m

袴姿、もちろん楽しみにしてますよ~(≧∇≦)

まあくん | URL | 2011/02/22 (Tue) 18:12 [編集]


あのぉ~、一言言ってもよろしいでしょうか?

尊敬しています!  以上!!

袴姿・・・尊敬しています!!!(意味不明 笑)

なな | URL | 2011/02/22 (Tue) 18:24 [編集]


ほんますごいです

高校生の柔軟な頭だった状態でも辛うじての関関同立←うち一つ合格
ご存知のとおり、その後留年しかかるというダメ学生な上、

私が入学した年、その大学、合格点間違い報道があり100人以上余分に合格させてもたなんてニュースになってました(^_^;)
多分私、その余分合格者じゃないかと思ってます。


私のこたあさておき、NOKAさんの国公立大学→卒業はとってもすごいことです。
今の私では公立高校の受験すら不合格でしょう( ̄∀ ̄)



リスニングどころか、私の時期のセンター試験問題、第一問の最初のアクセント問題、サンドイッチのアクセント位置がサなのかイなのか…
未だに気になります。


多分サ…だよね?


また逸れた。


袴姿、とっても見たいなあ。楽しい卒業式を迎えてください!
懐かしいなあ…


おかんで学生して先生になる、ゴンチキーヌちゃんはそんなお母さんの背中を見てすてきなお嬢さんになると思います。

私は…私は…次元が低~い(-o-;)

かずまろ | URL | 2011/02/22 (Tue) 18:28 [編集]


NOKAさん、卒業おめでとうございます。
卒業式、楽しんで下さいね。
自分も奥様や両親に助けて貰ったお陰で社会人になってから、学校に行く機会が持てました。
最初の大学生の時よりも、勉強する機会と場所が持てる事が嬉しいやら楽しいやら。
今はまだその経験を十便活かしきれては居ないので、
NOKAさんの姿を見て(想像して)自分に活入れたいと思います。

ち~ | URL | 2011/02/22 (Tue) 23:28 [編集]


忘れていました!

袴姿、私も見た~~い!

ばろん | URL | 2011/02/23 (Wed) 08:49 [編集]


びび子さん

お返事おそくなりました。
暖かいコメントをいただき、ありがとうございます。

卒業はできたものの、課題多きことには変わりなく・・。
本当の意味での精進の日々です。
がんばります。

NOKA | URL | 2011/02/25 (Fri) 08:52 [編集]


はにぃさん

コメント、ありがとうございます。
お返事おそくなりました。

なんとか無事、卒業できることになり、ほっとしています。

はかま姿、どうにか公開の方向で考えます。

同僚のお子さんの小学校、深刻な問題が起こっているのですね。
問題の児童(ナイフの児童)だけではなく、本当に周辺の児童の人権配慮が急務な
事例だと思います。

はにぃさんも小さいお子さんがいるだけに、その事態は「もしももわが子が・・」
と被害にあったら、と考えられたと思います。

環境的に許されるのであれば、私学が今の子どもたちにとっては本当に
安心して学業に取り組めるのだと思います。
わが子の小学校は、穏やかな地域柄のせいか、
あまり大きな問題はないのですが、
同じ市のなかでも、友人(私学に通わせている)宅の校区は
私も考えるなあ、と思う地域柄なので、
はにぃさんの気持ち、とってもよくわかります。

ほんとうはどの子にとっても、いい環境をと願いたいのですが、
親によって子どもが変わるのも事実なので・・・。

理想と現実とのギャップ、仕方ないですが、
非力ながら、がばれたらなあと思っています。

NOKA | URL | 2011/02/25 (Fri) 09:17 [編集]


らぴまっくさん

コメント、ありがとうございます。

大学卒業、なんとかできそうです。

本当の夢に向かって、なんとかやっていこうと思います。
体力の減退を感じつつ、知恵と経験でそれをカバーできるよう
頑張ってみようと思います。

はかま、見せちゃいましょうかね。

NOKA | URL | 2011/02/25 (Fri) 09:20 [編集]


アキタマさん

コメント、ありがとうございます。
アキタマさんも、社会人になってから大学、経験されたんですね。

ほんとに、頭がかたくなるもんですね~。
もう今はさらに固くなっていますよ、私、

教員採用試験、不安です・・・。


NOKA | URL | 2011/02/25 (Fri) 09:22 [編集]


まあくんさん

コメント、ありがとうございます。

自分の限界、意外にすぐに見えちゃいました(笑)
やっぱり、この年では体力の限界が先に来ちゃいますね~。

学問も若い時のほうがいいようですね。
何はなくとも体力です。
えおらさえあれば、なんとかなるってるくづく思いました。

はかま姿、立候補しちゃいましたね~、
その方向で考えます。

NOKA | URL | 2011/02/25 (Fri) 09:25 [編集]


ななさん

ななさん、コメントありがとうございます。

尊敬なんて、最上級の褒め言葉です。
私は1人しか子どもいませんが、3人も立派に育てられて、
さらにお仕事をされてきたななさんのほうが、
私にとっては、尊敬です。

でも、うれしいです、ありがとうございます。
はかま、ふふふ~、着れるかなあ。

NOKA | URL | 2011/02/25 (Fri) 09:27 [編集]


かすまろさん

コメント、ありがとうございます。

かずまろさん、現役関関同立合格!
いやいや、すばらしいです。
私、現役の時ににはびっくりするぐらい勉強しなかったので、
おばちゃんになってから勉強したまでで・・。

でも勉強も若いうちのほうが、ぜったいいいですよね~。

発音問題、「サ」ですね(笑)

ゴンキチーヌは、「私、お母さんみたいに勉強したくない」
と申しております。

夢はセレブだそうです・・(汗)

かずまろさん、今の時代男の子を一人前に育て上げるのは本当に大変です。
いろんな意味で。

なので、専業主婦になって、えいたサムを立派に育て上げるのは
一つの事業をなしえたと胸をはれるほどです。
男の子は、正味、大変です。
女の子とは違います。

これから、頑張ってください。

NOKA | URL | 2011/02/25 (Fri) 09:33 [編集]


ち~さん

コメント、ありがとうございます。

ち~さんも社会人になってから勉強されたんですね。
私も最初の大学生の時より、勉強できることが楽しくて、うれしくてて感じでしたよ。

私の姿、見本になれるほど立派じゃないです。
かなり犠牲になっている人がいますので・・。

経験を生かすチャンス、かならず訪れますよ。
お互い頑張りましょうね。

NOKA | URL | 2011/02/25 (Fri) 09:37 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。