To Realize My Dream with 住友林業

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

五万円

Iさんの描いてくださった間取りを見て、あまりのすばらしさにうっとり。

くわちゃんとの打ち合わせが不毛だっただけに、余計にそう感じたのかもしれません。


「それで夢追い様、五万円をお支払いいただけないとなると、これ以上お話を進めさせていただけないんです。
いかがでしょう。いま一条さんとお話しされておられるとは思うんですが、敷地調査の結果などは、今後どこで建築されたとしても、必ずお役だていただけると思います。いかがでしょうか???」


「どうする?」


「いいんちゃう、お願いしたら」



なんとも、いとも簡単に私たちはIさんのペースにはまってしまいました。
次の日に、五万円振り込みました。
振り込みの確認ができるや否や、Iさんからのお電話が。


「ありがとうございました。それでは今後は私どもの通常の打ち合わせにさせていただきますので、次回は前回お伺いした外観をもとにしたプランを、設計のほうに作らせますので、よろしくお願いいたします。」



私たちは、外観にとてもこだわっていました。
間取りありきで家をつくるより、外観重視だったかもしれません。そのころは。


そこで考えました。一条をどうするか。
私としては、一条にとにかく頑張ってもらいたい。あの外観、なんとかならんのか!


ということで、「自家自賛」のなかから、私たち好みの家をピックアップし、それで2社を競合させることにしました。ここらでくわちゃんにも本気を出してもらいたかったのと、だんだん、打ち合わせに疲れてきていました。

早く終わらせたい!


五万円は捨てる覚悟で住友林業にはらったとくわちゃんに伝えました。
くわちゃんよ、君の本気がみたいのよ!!


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

ええーっと、えっと、はじめましてじゃないですよね?
この話の内容からいくと、Nさんですよね?
始めるってコメントもらったけど、もうこんなにアップしたのー!?

うちの営業さんも2級建築士です。
趣味でとったって言ってました(笑)

って、Nさんじゃなかったらどうすんだー!!

らぴまっく | URL | 2010/09/15 (Wed) 14:43 [編集]


そうですよ

すみません、素性がわからない怪しい奴で。

なんかNOKAってのが使えなくて、「夢追うおかん」なんて変な名前つけちゃったんです。

今、かなりもやもやしていて、(家のこと以外)それなのにやることいっぱいあるので完全なる現実逃避中なんです。

分からにことだらけのブログ開設。
夫には3日坊主宣言をされていますが・・・・。

とにかく、住友林業の契約までを書きたいなあと思っています。
よろしくお願いします。


NOKA | URL | 2010/09/15 (Wed) 15:05 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/09/15 (Wed) 16:38 [編集]


はじめまして!

コメントありがとうございました^^


きっかけは違いますが、私も当初一条工務店で家を建てる考えでした。

同じ住宅展示場に住友林業の展示場があり、冷やかし半分で入ったところ、今の担当の営業さんと出会いました。

で、この結果です(笑)


またお邪魔します^^

いもいも | URL | 2010/09/15 (Wed) 17:14 [編集]


5万円払わなくても最後まで行きますよ。

「5万円をお支払いいただけないとなると、これ以上お話を進めさせていただけないんです。」

ウチは5万円払いませんでした。

だって、請負契約は仕事の完成を約して代金を支払うもの。仕事の内容も決まってないのに金銭を要求する方がおかしいのです。だからこそ、他にこんな要求をする会社はないのだと思います。

住林は、よく顧客間の平等という理由を挙げますが、こちらから見れば、相見積もりに参加している会社は平等に接するべきだということになります。

この2つの理由を提示して、「じゃあ、やめる?」と切り返すと、

いきなり、土下座して

「是非、やらせて下さい」

という始末。さっきの強気の姿勢はどこ行ったの?という感じ。怒るというより、嘲笑してしまいました。

結局、5万払わずに、外観パース図、詳細見積もりまで行きましたが、良かったと思います。

人によって対応が異なるところが住友林業ですね。

こだわりの家 | URL | 2010/09/17 (Fri) 10:55 [編集]


五万円


払わなくても最後まで行くのは知ってましたよ。だって父の家は住林が日参してきてましたから。

実は書かなかったのですが、敷地調査を住林、一条ともにしてもらうことになったんです。結局。
敷地調査は一条も五万円必要とのこと。なにぶん土地が広かったので、どこにどのように建てるのがベストなのかを決めたかったんですよね。

だから家の形はあまりあてにならなかったんです。

広いだけならともかく、崖やよう壁に認定できない石垣、高低差、こんな敷地は珍しいと一条、住林、積水、へーベル、どこもかしこも頭を悩ませていました。

我が家の建築予定地も、どうやら地盤が怪しい様子。おまけにいろんなものが埋まっているらしいです。


なかなかスムーズにいきません。

NOKA・夢追うおかん | URL | 2010/09/17 (Fri) 19:34 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。