To Realize My Dream with 住友林業

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

外構デザインに悩む

いつも前置きが長いんで、今日は早速お家ネタ。


と思ったけど、

今度の日曜日、住まい博行く人!!


「は~い!はい!は~い、はい!!」


「はい」は1回!



日曜日、1時ごろに京セラドームに出没予定。



昨日営業Kさんに久々に電話しました。


「あの~、やっぱり住まい博いきたいんですよ~。

 やめとこうと思ったけど、予定が開いたもんで。

 いけますか???」


ちょっと久しぶりなので、遠慮がちに言うてみた。


「あ~いけますよ~。ふふふ」


なんや、なんで今笑った??

おかしいか、私が遠慮がちに言うたら・・・。


Kさん「そしたらね~、今から招待状手配しても遅いかもしれないですし、

    僕の名前出してもらったところで、あかんと思うんですよ。

    ん~、○○支店で契約してるもんです~

    ていうてくれはったらいいですよ」


私 「え?そんなんで入れんの?」

Kさん「いや、入れません」

私  「入れへんのかいな。あかんやん(笑)」

Kさん「あきませんね~(笑)」

私 「(相変わらず、適当やなあ)」(心の声)

Kさん「そしたら、T(設計さん)に言うときますわ」

私 「はい、わかった~。よろしくお願いします。」


で?我が家はどうやって入るのでしょう・・・。


まあ、いいか。(いいんかい!)



もうね~、Kさんは適当なこと、結構あるんです。

正月に展示場行った時も、

「これで駐車場いけますし。これ、入れてください」


って駐車券持ってきたんです。


それ、駐車場でるときに機械に入れたら、

「認証できません」

っていうんです。

ガードマンのおっちゃんに助けを求めたら、


「あ~、これあかんわ。期限きれてるわ、11月末までや。

 これ、どこでもらってきたん?」


「住友林業です」


「あ~、またあそこか。あそこいっつもや」


「すんません・・・」 (なぜかあやまってしまった・・施主代表の気分??)







さて、本日お家ネタは

外構について。


外構ってなんでいまいちピンとこないのかしら・・・




おそらく、新興住宅地などにご新築の方々は、ある程度できることが限られていたり、

セットバックというようなおそろしい規定があったりなど、それはそれで悩まれたことと

思います。


我が家の周辺はここ20年の間に、すっかり住宅地になり、

昔、ここいらがどんなところだったか知らない人たちがわんさかと住んでいる地域になり、

すっかり、地域のなかでは浮いている存在となっている、我が家の土地・・・。

どこからでも侵入できるので、犬の散歩に入られるは、

ごみは不法投棄されるは、

バイクが乗り逃げされるは、

環境の変化には目を見張るものがあります。



大きなバイパスが通り、隣町への抜け道と化した我が家の周辺道路。


交通量も半端ないです。


建築予定地はすこし奥まっているので、

音などはましなのですが・・。




気がつけば、数年前に第1種低層住宅地になっていて、

商売も(コンビニ経営とか)出来ないし、3階建てまでしか建てられなくなっていて、

気がつけば地価(路線価)が高騰していた!



私が子どもの頃なんか、人里離れていたため、

帰りは母親が迎えにこないと危険なほどの

山深いところでした。

道は舗装もされていなかったし、

野犬に遭遇するなんて、日常茶飯事・・・。


雨が降れば、くるぶしまで水につかりながら学校行ったこともあったのに・・。


と、そんな田舎で育った私にとって、

外構に対する正しい概念が育っていないんです。



実家の庭は、父が丹精込めて育てた松がたくさんあったり、

池があり水連が咲いていたり、苔むす坪庭があったり、

獅子脅しがカコ~ンとかいうてたし、

鯉がいたり、亀がいたり、夜になったら牛ガエルが鳴いてたり・・・。

アプローチもなにも、石の階段で、飛び石わたって玄関へ。




ちなみに錦鯉は、ある日、すべていなくなりました。



どっかのねこが食べた!!

それ以来、父はねこが大っきらいになってしまいました。

私もねこが怖くなりました。





夜中に、庭でパシャパシャ音がするなあ~と思っていたら、

朝起きたら、鯉さんたちが・・・。

むごい。




庭って言えばそんなイメージ。(猫ちゃいますよ)




そんな私(どんな私?)

外構ってなによ!


外回りは石垣つむんとちがうの??



というようなイメージしかなく・・。





すんません。

わからんのです。



ここで先日緑化さんがだしてくれたプラン、こんな感じ。



110204_0850_010001[1]



ちょっとぼやけててわかりにくいのですが、

私が気に入らんのは、

門柱と言われる右下の壁。

そんでからアプローチ



このアプローチ、門柱の裏にある階段を

2段ほど上がって、

もう一つの塀沿いに、ま~すぐ。

まっすぐなんはいいですよ。


でもこの材質が気に入らんのです。


なんでコンクリートかなあ。


そりゃ、洗いだしがいやっていったから


しかたないのでしょうが、


なんかないんかね~。



ん~、ここは我慢して、洗い出しにしないと

しかたないのかなあ。


ちなみにこの外構イメージ、間違ってます。

庭の真ん中にある塀は、もう少し右にずれるんです。

なので、窓のすぐ横に壁がくるのではなく、

家の壁の終わりのラインにそろうようです。


だってこれ、家に塀が突き刺さってるみたいで、変でしょう??


ん~、もっと和のイメージを出したいんですよね~。

でも、どう伝えていいのかわからんのです。



とにかく、コンクリートは嫌だ。

思いっきり、モダンな感じになっちゃう気がしませんか?

やっぱり、洗い出し??



ぶつぶつ、見つめへんかったら大丈夫なんやけど・・・。


あ~、今想像しただけで、体中がざわざわしてきた・・。


ぶつぶつ、こわ~い!!



洗い出しを採用されておられる方、本当にどうもすみません。

特異体質なので、私にとってだめなだけなので、

気を悪くなさらずに・・。




あと、レッドロビン、なんだか面白くない木です。

門柱左に続く植栽はレッドロビンと言って、

既存の石垣の上に生垣として植えられます。



ん~、他になんかないんですかね??




実家の庭は槇(マキ)が生垣になってます。

その昔は、竹垣でした。

でも、竹垣は、手入れが大変で、

母がいつも発狂していたのと、

若かりしころに、年末に庭掃除をさせられた時に、


「こんな面倒なものを大量に植えたお父さんを恨む・・・」



と思いながら、掃除だけで1週間かかったので、

竹はあかんと思っています。


石垣に白壁がいいのになあ。


それって、家のイメージに合わないけど・・・。



T先生は、

「この家は和洋折衷のイメージです」


て言うのに、

緑化の営業さんは

「和の要素はないでしょ。モダンですよ」

て言うんです。



T先生が和洋折衷っていうてるんやから、

和洋折衷なの!!




モダンと和洋折衷ってちがうでしょ~が!



ん~、T先生と相談しよ。

あの営業さん、センスないわ。

T先生のほうがわかりあえる気がする。



あの~、アプローチに石とか使われた方、おられますか???


あと、庭のことってどうやって勉強したらいいのか、

教えてください!!




この門柱、どうしたら和っぽくなるんだろう・・・。


おねがい、ぽちして帰ってね。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

獅子脅しなんて凄くしぶいじゃないですか

住まい博って、入場許可がいるんですか?電車に宙づり広告を出しているのを見たことがあるので、てっきり自由参加なのかと思ってました。

獅子脅しがカコ~ンなんて、カッコいいじゃないですか。ご実家が一番の参考になる気がします。他にも、住林にも実例集があると思いますし、京都の庭園や寺社なども参考になると思います。

本格的に和風を狙うなら和風門とか、石張りとかご検討されてはいかがでしょうか。でも、和風門までいくとお家の方もかなり和風でないと似合わないかも知れません。

レッドロビンは最近よく見かけますね。他に生垣の定番と言えば、槇、柘植、ヒバといったところでしょうか。昔からある庭木が多いですね。

広いお庭なので、日本庭園にして、もっと曲がりくねったアプローチを通してもいいのかも知れません。

こだわりの家 | URL | 2011/02/04 (Fri) 13:01 [編集]


ひろ~い!!

すっごい、ひろ~い!うらやましい!!
これだけあれば、うちも色々やっただろうなぁ。
いいな、いいな~。

石の乱貼りとか、石で模様入れるとか、
色々できるはずですよ。あと、
土を踏み固めたような仕上がりになる
コンクリートみたいなのとかもあったはず。
本屋でエクステリアの本とか立ち読みしてみては?

でも、『これは嫌で、こういう風にしたい』と
伝えて、外構屋が提案してこないほうが変!!
うちは、砂利と土部分をどれだけ残すかで迷って、石の貼り方とか土間みたいな仕上げとか
色々提案してもらったので。

たなじゅん | URL | 2011/02/04 (Fri) 13:13 [編集]


石垣じゃないですが

忘れてましたが、統一感を醸し出すには、お家の外壁と門塀を同じ素材、デザインで作るというのも一手法です。

門塀の上にお家に使われている瓦を並べると和なテイストが強調されると思います。

段差があれば、下の部分は石垣で上をそういう門塀にするのもいいように思います。

でも、迫力という点ではオール石垣には負けそうですね。

こだわりの家 | URL | 2011/02/04 (Fri) 14:10 [編集]


こだわりの家さん

2回もコメント、ありがとうございます。

寺社仏閣とか庭園の本は実家にあり、住友林業の施工例も見たのですが、ん~、全くの和になりすぎるのも違うんで、微妙なんですよ~。

といいつつ、自分もイメージさえできてないので、伝えられないもどかしさ・・。

ほんと、全部石垣積んでほしいです。積める人、いないんですけどね、最近。

NOKA | URL | 2011/02/04 (Fri) 18:37 [編集]


たなじゅんさん

早速本屋に立ち読みしに行きました。なんかね~、和に特化しすぎると違うなあと思いました。

土を踏み固めたみたいなコンクリート、わかりました!たたきかな?

たたきしあげ、たのもかな。住友緑化はできないらしいのですが。

石の乱ばり、それ、かっこいいかもなあ。ていいつつ、イメージがない・・

NOKA | URL | 2011/02/04 (Fri) 18:49 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/02/05 (Sat) 00:53 [編集]


鍵付きコメントさん

広いですよね~。
でも実際にはこの十うん倍の敷地の一角なので、
少々おかしなことになるんです。

でっかいところをちょこんと削る感じに・・・。

撤去、解体、そして深基礎・・・。
だいたい見当は付きます。
いい値段ですね~。

外壁の色は2転、3転してます。
夫が・・・。

私以上に優柔不断なやつです。

住まい博レポ、がんばりま~す。

NOKA | URL | 2011/02/05 (Sat) 01:15 [編集]


No title

庭については、たなじゅんさんもいわれているとおりガーデニングの本を見ることから始めましょう。
①立ち読み、②図書館で借りる、③気に入ったら購入、の順にいろいろと読んで妄想を膨らませます。
後は自分でどの程度手入れできるかを考える必要がありますね。
庭師に任せるような費用も大変ですから。

住まい博は九州ではありませんのでレポート待っています。

ラスカル | URL | 2011/02/05 (Sat) 12:19 [編集]


No title

すごい規模大きいですね~。
我が家の猫の額の外構でも悩むのですから、
お察しします。

NOKAさんは、希望がしっかりあるので、
お付き合いの長いT先生は汲み取ってくださると思います。是非、ご相談を。

我が家の猫の額でも、設計さんが同席してくれたことにより、私の希望をプロの言葉で伝えていただけましたよ。

びび子 | URL | 2011/02/05 (Sat) 18:55 [編集]


No title

追伸・・・
NOKAサンは住まい博、日曜日なのですね。
我が家は、今日行ってきました。
すごい人でしたよ。
建て始めた施主にはあんまり関係ないかなと思いましたが、内装や外構、保険など参考になり、行ってよかったです。

びび子 | URL | 2011/02/05 (Sat) 19:45 [編集]


Re: No title

ラスカルさん、コメントありがとうございます。

庭ね~。悩ましい・・。
庭もなのですが、門柱のデザインですね~。
どうしたら和風っぽくなるのか・・。

庭の本は実家にやたらとあるんですよ。
庭木の剪定とか造園のなんとかとか・・・。

和洋折衷がイマイチわからんというか、あんまりイメージ出来ないというか・・・。

でも本は何かほしいですね~。

NOKA | URL | 2011/02/07 (Mon) 09:33 [編集]


びび子さん

規模、おおきいのかなあ。
思ってたより庭が狭いなあとか思いつつ・・。

すみません、田舎者なので感覚がおかしいんです。

T先生はわかってくれるんですよ、きっと。
最近、調子にのってるし・・。
ま、いいけど。

住まい博、行きましたよ~。
人がいっぱい!
あれは1日いないと、まわれませんね~。
来年は1日の予定で行こうと思いました。

NOKA | URL | 2011/02/07 (Mon) 09:36 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。