To Realize My Dream with 住友林業

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アフターが抱えている業者

連投のわりに、どちらもあまり耳触り(目触り?)のいいものではありません。

すみません・・・。



我が家は先日、3か月点検が入りました。

その補修工事が昨日ありました。



といっても、すべてが補修し終わったわけではありません。



1つ

お風呂のパッキンの施工の粗さ


これは業者の方が見て、結局、すべてを取り替えることになりました。

昨日は部材がないので、メーカー対応になるとのこと・・・


そ、そうなんですか・・・・




2つ

リビングアクセントクロスの汚れ


こちらをご覧ください。

PB141222_convert_20111114221140.jpg


この黒いクロスなんです。

引き渡しのとき、いや、引き渡し前からこのクロスが一部、

白く見えることについて、生産さんや監督さんにお話ししていました。


しかし、光の加減によって、見えたり見えなかったりだったので、

引き渡しの時点では、取り合ってもらえませんでした。


しかし、今回アフターさんには見えました。

白くなっているところが。


そこで、昨日クロス屋さんがやってきました。

そのクロス屋さんにも白くなっているのがみえたようで、

「もう張り替えるために、用意してきてますんで、張り替えます」


とさっさと張り替えていただきました。



張り替えている様子の写真もあるのですが、

なんか載せる気がしないので・・・


張り上げて、職人さんがいいました。

「このクロスを張ったのは初めてなんです。

 ぼくもこのクロスがこういう特性があるというのをはじめて知りまして・・・


 申し訳ないんですけど、もう1回チャンスもらえますか??」


はい?


どうも、このクロス、取り扱いが難しいらしく、

ちょっとの折り後とか、上から擦ったときに白くなってしまうらしく・・・



張り上げてもらったクロスを見ると、前よりもさらにひどく

白くなってしまいました・・・。



「もう一度貼らせてもらって、それでもまた同じようになるようなら、

 これは住友林業さんでは取り扱わないほうがいい事例として報告しますので、

 壁紙を変更してもらうしかないですね。」


ここまでは、クロスのせいだと思ってたんです。

そういうのもあるなあって。


「この僕が張ったものの白くなったのは、僕がへたくそだからなんです。

 新築の時のクロス屋さんはうまく張られてたんです。

 ただ、くなぎ目からはみ出た糊を拭いて、白く見えてたんです。」


え?ど、どういうこと??


つまり、クロスを扱う過程で白くなってしまう(傷をつけてしまう)ので、

張るのが難しいっていうんですよね~・・・



ようは、僕には技術がありませんっていうんですよ・・・。



え~、そしたらまた次に張ってみて、あかんかもしれへんってこと???



まあ、もう一度チャンスを!

っていうんで、もしかしたら次、きれいに張るかもしれないけど、

あかんかったら、クロスを変更してほしいって、

なんだかなあ~。



あ~、監督さんがいつも電話してきて下さって、

「なんかあったらすぐに遠慮なく言って下さいね」

って言ってたんです。


でもクロスのことは、引き渡しのときにスルーされてしまったので、

アフターさんにかけてみたんですよ。


でも、補修にくる業者が違うって、はじめて知りました。


新築時にうちに来ていた業者さんは、生産さんが抱えている業者さんなんですね。

なので、監督さんに言えば、その業者さんにきてもらえたんです。


でも、今回アフターにな渡った我が家は、ホームエンジニアのアフターの監督さん

にわたったので、その人が連れてくる業者さんが張ることになったんですよ。



その業者さん曰く、

「住林の新築の業者(新築をまわしてもらえる業者)は腕があるんですよ。

 僕は下手なもんで・・・」



お~い、生産担当Mく~ん!!

どういうことや???



あの上手なクロス屋さん、連れてきてよ!!


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。