To Realize My Dream with 住友林業

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

竣工 そして かまぼこの行方

あ~、昨日の夜に書いた記事が消えてしまった・・・。


せっかく書いたのに・・・。



ブログ村のランキングからお越しのみなさん、どうもすみません。

記事が存在するかのようになっているのですが、

私の操作ミスで、タイトルだけアップされてしまいました。



気を取り直してもう一度。






2009年お正月に始まった、家づくり、

昨日、2011年8月28日日曜日に竣工いたしました。


竣工をむかえ、さぞかし感慨深いとお思いでしょうが、

なんでしょう、正直、


やっと終わる、とうとう終わる、

という思いが強く、複雑な心境です。


しかし、「これが夢にまで見た、我が家か」

と思うと、「あばたもえくぼ」とでも申しましょうか、

多少の失敗もいとおしい感じがするというか、なんというか・・・。




さて、竣工立会。

といっても、さんざん、前日までに現場に入って目を皿のようにして見ていた私。

まあ、気になったところは事前に直してもらえっていたので、

最終的に、まあ、ダメもとでいろいろ言ってみようと思って臨みました。


昨日いらしたのは、生産担当Mくん、設計T先生、ホームテック監督Yさん。

1時からの予定でしたが、12時45分ごろに現場へ。


私  「こんにちは~」


最初に目に入ったのが、T先生でした。

T先生 「こんにちは。今回は申し訳ありませんでした」

と早速謝罪からでした。


タイトルにもある通り、例の、かまぼこ事件について。

かまぼこ事件とは、我が家のヤマハキッチンのシンクの形状が、

四角いものでなく、かまぼこ型がついていた、というもの。

本来なら取り替えていただくところなのですが、

かまぼこシンクと、グローエの水詮の相性が思いのほか良かったこと、

せっかく我が家にやってきた天板をめくって、破棄してしまうのが

もったいない、そして、家がかわいそうと思ってしまい、

「このままでいいので、なにか代替案をおねがいします」


と申し出たのでございます。



T先生「早速ですが、なにか代替の工事をと考えたのですが、

    もう工事も終わってしまっているので、別になにか、というのもどうか

    ということになりまして、この交換にかかる代金を返還させていただこうかと

    思っています」


私  「あ~、そうなんや。いいですよ、それで」


T先生「それで、これの交換にかかる費用が12万ほどなんですよ。」


私  「そうなん!そんなすんの?」


T先生「けっこうするんですよ、一枚もんなので。

    その12万円を返金させていただくことにさせていただきます。」

私  「そなんや、なんかちょっとうれしいかも・・・」


ということで、かまぼこ事件、代金の返金ということで終息することになりました!


ほんまは、エアコンとか言おうとおもったんです。

でも、エアコンは10年ほどの寿命でしょ?

なので、この返金していただけるお金で、我が家に足りない家具を購入しようと

その瞬間決定しました!!


それは、テレビボード!!

またそれに関する記事は別記事で・・・。



竣工の確認は生産担当Mくんと。

Mくん 「ちょっと、T、元気ないでしょ」

私   「うん、なんか顔色わるいっていうか、元気ないっていうか」

Mくん 「さっき、上のもんにそうとうしぼられたんですよ。

     もちろん、こちらのミスなんで当然なんですけど、すごく凹んでるんで、

     励ましてやってください」


私   「そうなんか~。初歩的なミスやしなあ、しかたないなあ。

     でもかわいそうに・・・。わかった、励ますわ」


竣工の確認は、各部屋を回りながら、機器の使い方の説明とともに、

クロスや床の確認をしてまわりました。


2階から下りてくるときに、


私  「ほんまに、この階段はいいわ。降りるときに毎回思うわ」


Mくん「それ、Tに言うてやってください」


私  「そやなあ、T先生!この階段、いいわ~」


T先生「ありがとうございます」

私  「図面のときは言われてもぜんぜんわからへんかったけど、弟の家と比べたら、

    この階段は上り下りがらくやわ~」


T先生「まあ、展示場と同じなんでね・・・」


その後、和室へ移動。


和室といえば、いろいろとお金をかけたところ。



Mくん「この天井ね、検査の役所の人が、本物のよしずと見間違えたんですよ」


T先生「まあ、これほとんどほんものやけどなあ。でもクロスやからなあ」


Yさん「ここはクロスの継ぎ目が見えへんから、余計にそうみえたんやろなあ」


T先生「棹で隠せたからなあ」


ん~、見れば見るほど、この天井は素敵。



私  「障子もこれに変更してくれて、ほんまによかった。

    ありがとうね、T先生、休みの日にまで気にかけてくれて」


T先生「似た感じの間取りのお宅に行ったときに、こっちのほうがいいなあと

    思って、あわてて変更できるか確認したんです、まだ間に合うなあって」


私  「ほんま、こっちがよかったわ」


とまあ、みんなで和室を褒めあっていました。


私  「でもなあ、気にいらんところもあるねん」



まあ、それについては、残念ポイントネタにふせておきます・・・。



その後、残念つながりで、階段下収納にコンセントがほしかったことを言うと、

3人が寄って、どうにかならないか考えてくださいました。


結局、照明のスイッチとセットにして付けることが可能とのことですが、

その場合、スイッチをオンにしている時だけ、コンセントが使えるということに

なるとのこと。


さすがに、それはないなあ~となり、あきらめることになりました。


最後にどうも納得いかないことを訴えました。


それは、ダイニングキッチンの背面収納の造作つり戸棚のこと。

これは一部、エアコンを隠すためのルーバーとセットになっています。

このルーバーが全くイケてないんです。


あまりにダサすぎて、写真もとっていないのですが、

あきらかに、塗装が安っぽいんです。

せめて、シート張りの他の部分とテイストを合わせてほしいところ。


これもどうなるか分からないのですが、持ち帰って検討します、ということでした。


竣工立会、といっても、なんだか緊張感もまく、

今後この家をどう発展させていくか、みたいな話をしながら、

終わって行きました。


まあ、住みながら、不具合があればいつでも言ってください、

ということだったので、あまり気にせずに終わっていたのですが、

こんなんでいいのかなあ・・・。



最後に、ちらっと我が家をご紹介。

P8250642_convert_20110829021822.jpg

引き渡しは9月3日です。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村





 

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。