To Realize My Dream with 住友林業

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

弟邸の建築について

 夢追い邸は2009年3月に住友林業と契約するも、未だに建築に至っていないのは弟邸の建築と絡んでいることは以前にお伝えしました。その弟邸は2008年12月に積水ハウスと契約していたのですが、土地(実家の母所有)に関する大きな問題が発生し、それを解決するのに1年以上の歳月を費やしてしまい、挙句の果てに積水ハウスとトラぶり、解約、私の紹介で住友林業の夢追い家とは別支店と契約したのです。

別支店とは、夢追い家が契約した営業Iさんが異動した支店。
5月末に契約後、着工合意をいま目の前に、明日、造成工事が入る関係で地鎮祭が予定されております。

別支店とはいえ、この弟邸の打ち合わせに関しては、私も勉強させていただきました。



なにぶん、私は皆様のブログ等で1年以上にわたって、無駄に知識だけを詰め込んで、頭でっかちな状態。
先日母に、
「お姉さんは、よく知ったはるので、ごまかしがききませんね~」
と話していたらしい

しかし、弟邸は知らないことだらけで、「知らなかった、聞いてない」という理由から、オプションをサービスしてもらった様子。設計、インテリアコーディネーターともに、全く値段の話はなかったそう。

「積水と同等の家を」という条件で契約したために、積水に入っていたものはすべて入っているという認識の下で打ち合わせが進んできていました。

設計さんとのやりとりは、営業や所長には伝わってなかったので、「積水の見積もりに入っていたものはすべて入れてある」という認識だった母に対して、あとから出てきたオプションの見積もりをみて切れました!

それ以外にも、土地の造成設計図の依頼をしたところ、今までやったことのなかった営業、設計が、役所からのマニュアルを読まずに外部の事務所に依頼。弟も読んでなかった。

その設計事務所も今までにやったことがなかったのか、結果役所で認可が下りない設計図を作成。

そこで設計が「これは私の責任ではありませんので」
という対応だったと。
もちろん弟はぶち切れました。



今回の問題は、我が家の地形と宅地造成についての基礎知識があれば絶対にあり得ないミスでした。

図面の作成にはもちろん料金が発生しています。
弟邸が依頼したのは住友林業。
でも、「私には責任がない」
こう言われれば、私もぶち切れます!!

この設計さんは、とても職人気質な方。
つまり、普段言葉少ない方です。
そのため、この人の一言は弟にとって相当効いた様子。
信頼していただけに・・・。ショックが大きかったのでしょう。


速攻で本社にメールを送りました。もちろん、クレームの。

じつは、この本社へのメールは支店にとってはその後の対応を何かしら報告する義務が発生する様子。
その後、なんとかまるくおさめてくれました。母が。

営業Kさん、所長Iさん、設計さんが3人そろって謝罪。
私も同席したのですが、3人が所長の合図で頭を下げてわび、今後の対応について宣言されておりました。

まあ、いわゆる儀礼的なもんですね。

この件から学んだこと。

住友林業の対応で、気に食わないことがあれば本社に連絡すれば少しはましな対応をしてくれる!

ってことでしょうか?

本当は信頼関係を築くことでしょうけど。

あと、とにかく値切る!!
絶対いい値では払いません、という態度を貫き通す!!

だって母はオプションを値段下げさせてました。

母には我が家のためにも戦ってもらわねば!!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop

ピアノの主の今

夢追い家の愛娘、(自分で使う表現ではないかも・・・親バカゴメン)ごん吉といえば、

割り箸を突っ込む!





ではなくて、





ピ  ア  ノ


ごん吉は3歳のころから音楽教室に通い始め、グループレッスンと個人レッスンを並行して取り組んでおります。

まあ、昨年まではなにかと大変でした。

練習させるのにとにかく苦労した!!


やめさせよう、と何度母も泣いたことか・・・・。

ここまでさせることに何の意味があるのか・・・・てなほどに。



でも母はあきらめませんでした。

娘の音楽的センスと日ごろの様子から垣間見える、「気分屋」という特性を天秤に掛けて、しかるべき時に判断しようを思いました。

よって、

とにかく、2年生までやらせてみて、ピアノに対して向き合う気持ちがなさそうならやめさせようと思いました。


これにはきちんと根拠がありました。

子どもの発達段階的にとらえた場合、2年生までは刹那的(今日!今!私!を生きている)でも3年生になるとすこし先のこと、周囲の中での自分、など、抽象性、客観性などが育ってきます。
そこでやめる!というのであれば、本人にとっての音楽はそれだけのものなのだろうと思うことにしたのです。



しかし、先生に勧められて出場したコンクールで、あれよあれよと全国大会行き。(予選→本選→地方大会→全国大会)

おまけに、金賞受賞。



さすがにもう「やめたい・・」と言わないだろう、と思っていました。

たしかに言わなくなった。へ~やる気が出たんや~。

でも、あんまり真剣にやってる風ではないけどなあ・・・。




そもそも何がいやで「やめたい」と泣いていたのか、振り返ってみました。


1 学校(学童保育)から帰ってきて、疲れていてもピアノの練習をしなくてはいけないから

2 耳で聞いて弾くのが得意だったけど、楽譜を読まないといけないから時間がかかる

3 うまく弾けないからイライラする

4 先生がごちゃごちゃ言う(ごもっともなふつうの指導だったんですよ)

5 指がうまくうごかない(手が小さかった)




まあ、こんなところでしょうか。


ピアノの宿題の量も半端ではありません。

テキストは8冊ぐらいあります。
短い曲ですが、10曲以上の課題がでるのは当たり前。
1年生の秋まではとにかく、課題をこなすのでいっぱいいっぱいでした。


そして、秋になると、なんと、

作曲しなければなりません。


1年生の時に作った曲は 組曲「ピーターパン」(全3曲)

2年生の時に作った曲は 組曲「森の一日」(全4曲)

演奏時間は4分前後、といったところです。



この自作の曲を、1月にあるコンサートで演奏します。
そして、評価され、いい作品はさらに大きな大会に出ます。
どんどん残っていくと、最終的には世界大会まで行くのです。


まあ、うちらペイペイのお子ちゃまレベルにはまったく縁のない話なのですが・・・・。


この作曲、何が大変って、楽譜にするのが大変!!

もちろん作曲家は子ども。

各ご家庭、工夫してこの作曲を乗り越えておられるのですが、うちの場合、

・ストーリーをつくる
・場面にあったメロディーを鼻歌で歌う
・それを録音する
・楽譜におこす
・アレンジする


だいたいこんな感じで2年やってきました。

もちろん、親がかりで!


でも、今年は先生よりお達しが。

「もう3年生なので、自分で楽譜を書かせてください。」

とのこと・・・・。

他のママさんに聞いてみると、

「私、楽譜書けないから、子どもにやらせてたよ」

「ドレミをカタカナで書いていったら、先生が書いてくださったよ」



え~、そうなん?

しらんかった~


なんとも過保護なことをしてしまったのでしょう。

全くもって、私の失態。



さて、そろそろ秋。

つまり、

今年もやってきました

作曲シーズンの到来です!!


「そろそろ、作曲の宿題出てるのとちがう?」

最近はレッスンに一人で通わせているので、ごん吉に尋ねてみました。


「うん、そろそろやってもいいころやなあって言うたはった。お母さん、今年はどんな感じでやる?」



あ~、やっぱり、この人は一人でやることだとは思っていない。

それもそのはず、この2年間、私が手を出し、口をだし、それはそれは立派な楽譜を書きあげてやっていたのですから!


まずは意識改革から。


「あのな、すんごくいい曲、今まで2曲もできて、先生褒めてたよ。まあ、当日体調が悪かったりして、うまく弾け なかった(2年連続でインフルエンザにかかった!)けど、曲はほんとうにおもしろいって先生言うてはったよ。

 ただ、自分で楽譜書いたら、もっといいとも言うてはった。」


「そうなん?でも相談にはのってくれる?」

「まあ、相談ぐらいはのるから」


















そんな会話をしたのは先週のこと・・・。





未だに、








なんの相談もないんですけど!!!






どうしよう、やっぱり口を出すべきでしょうか?

ここは我慢して、見守るべきでしょうか?


ちょっとぐらい言ってみてもいいかなあ。

ちょっとで済むかなあ・・・。











作曲、即興演奏、伴奏づけ、初見演奏、変奏などなど、今後も課題は盛りだくさん。

弾くだけではおわらないごん吉のピアノ。




ピアノ室は2階に持っていくことを決意したばかりの夢追い家。

本当にいいのか・・・。

まだ手を放すのは早すぎるのか・・・。

自立を促すべきか・・・。

親にとっての試練なのかもしれませんね。



ごん吉、作曲頑張れ!と思っていただいた方、ぽちっとよろしくお願いします。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村









PageTop

変更

テンプレート、変更しました。

前のバンビは大学の周りにいっぱいバンビがいたもんで、かわいいなあと思って採用。


今回は、花がらが好きなので探していたら、バラが可愛くって!!


どうでしょう??




テンプレートが変わっても、今まで通りですが・・・

内容・・・うすい・・




今後ともよろしくであります!!

PageTop

お家ではおっていますか?

なんだか今日はどんよりな月曜日。

せっかくの眺望も残念な景色と化しております。
スカッと晴れてくれんかのう~。

テンプレートを変えて、プロフィールのとことの添付写真も変えて、気分一新!
でも書くこと、同じ・・・。ネタが・・・。



こいつ、家ネタじゃね~のかよ!!
とお怒りのかたは、こちらから退出を。
他の住林ブロガーさんの楽しいお家ネタに出あえますよ。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へぽちっとな~
にほんブログ村







はい、お家ネタじゃありません。


我が家では冬になると独特のスタイル、
いえ、
日本人として、
伝統文化を守り抜くべく、
由緒正しき、
冬の部屋着を愛用しております。

あ、あくまでも私と娘だけ。


正直、私は大好きです。
小さいころから愛用しているだけに、いまだに2着も持っています。
コーデを考えると、もう一着は欲しいかも・・・。



で、なんやねんて?
知りたい??

なんならみたい???






ほなほな、見てもらいましょ。












モデルは、皆様ご存知(ご存知でない方もいるはなあ・・・)
あの、ゴンキチーヌちゃん!

それでは、はりきってまいりましょう!!
どうぞ!!










冬スタイル


これこれ!!
我が家にとっての、冬の必須アイテム!
  (モデルさん、はらが・・・)


はんてん


写真のバックが雑然と・・・
コードがうねうねしてます・・・

ゴンキチーヌは生後1歳より初代はんてんをばあば(うちの母上)より送られ、
これが2代目!!

これのおかげで、冬の暖房費がおさえられていたのはまぎれもない事実でございます。


え?あんたのモデルによるはんてん披露はないんかって?

見たい?

しゃあ~ないなあ。





















って、あるわけないやん!!

(期待するひと、ないわなあ)


はんてん、軽くてあったかくて、とっても大好きなのですが、
ある日のこと。
いつもの通り、寒かったので家でこれを着ていたところ、
ゴンキチーヌのお友達が遊びに来ました。

「いらっしゃ~い」

なんだか、微妙な表情・・・

その子に一言、


「ゴンキチーヌママ、なんでそんな着物みたいなもん着てんの?」

と。(この子は小さいころから行き来している子なので、わが子のようなもの)


きもの?



「うっひゃひゃひゃ~きものなんて着てへんよ~

 これのことか?

 これ、見たことない?」

「ないよ~、そんなへんな服




あ~、娘の友達もやっぱり、残酷に私の心を引き裂いてくれます・・・(女はこわい)


今、小学校3年女子の間でのはやりといえば、

ファッション!!(これが厄介・・・)

なにかといえば、ファッションチェックしております。

そんな中でも、この日やってきたゴンキチーヌ友人は、ファッションにいのちをかけるばかりに、ついつい、お勉強が・・・。
と言う子。

ちょっと脱線。

この子は漢字テストで、クラス最低点を取り、お友達に「え!なんでこんな点数なん!!」
と言われて、ショックを受けて帰ってきました。
家につくなり、その子はお母さんに、泣きながら訴えました。


「○○くんが私の点数見て、なんでこんな点数なん、っていわはんねん」

「そりゃ、この点数やったら言われるわ。

 お母さん、前の日に、明日漢字テストだから勉強しなさいって言ったでしょ」

「だって、やったもん」

「やってこの点数なん?」
(この時、この子の母はやってもできないのなら、どこかに相談に行かないと、とまで思ったそうな)


「やったよ!!え~ん!!(号泣)」


「泣いてもしかないやろ?どうやって勉強したの??

 お母さんは勉強してるようには思わなかったけど」


「ちゃんとしたよ!!おまじない!!!


おまじない???

「おまじない?なにそれ?」

「あんな、テストの用紙が配られたら、紙の裏の左の隅っこに

『●●●●』(すみません、わすれました)って書いて、心の中で呪文を3回唱えるねん」

「それで?」

「そしたら、100点とれるって、ちゃお(小学生に人気の雑誌)ではなく、おまじない百科事典に書いてあ ったもん!!」

「え?あんたそれでほんとに、100点取れると思ったの?」(この母は関東出身)

「だって書いてあったもん!!100点取れました、ありがとうって!!」


この話を聞いて、大爆笑した私!!

でもこの母は

「笑えないよ~。自分の子だったら。どうしてこんなにばかなんだろう」
とうなだれて、一升瓶を空けていました。(私の飲み仲間なんです)


というエピソードをお持ちのゴンキチーヌ親友。



話は「はんてん」へ。

私は家にいるときはついつい、はんてんを着てしまうのです。


はんてんは暖かいのですが、やはり、袖口がもっさりしているので、料理がしづらい・・・


え?はんてん着て料理してんの?って??

はい~、だって寒いんだもん。



でも危険です。

ガスコンロを使用する我が家では、何度か袖に火が!

私のはんてんは2着とも、右手袖口が焦げてます・・・あわや大惨事・・・


暖かいけれど、人にはお見せできないはんてん。

暖かいけれど、ガス火には危険なはんてん。



やっぱり、新居では、はんてんは「さよなら」しないといけないよね・・・・

かれこれ、うん十年、愛用してきたはんてん・・・

旦那さまにも言われました。

「かっこいいオイルチークの床に、かっこいい革張りのソファーおいて、はんてん着るの?」

って。


あかんかなあ~。

だって、自分の家やん。



ガスの炎で料理することを選んだために、IHはなし。
そして、ガス床暖房を採用予定の我が家。

ぜったい、はんてんに変わる、家用のはおりものがいりますよね?

そこで、お伺いします。

みなさん、家でははんてん着てますか?


じゃなくて、

なにか、はおってますか??

何をはおってますか?


はんてんだよ!!

て言う人、ぜひコメントを!!


はんてんじゃないけど、こんなのはおってます!て人もコメントを。


どうでもいいわ、て言う人は

こちらをぽちっと。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
















PageTop

実家の問題

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。